日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。←達成しました。

来年のNYPはHF帯で出たいので

9エリアの実家に固定局開設して都からリモート運用する構想。

0.特定のプラットフォームに依存しないシステムを利用する前提
1.そのシステムで利用可能なリグを用意
2.局免許申請
3.リモートなしで運用。問題なければリモート用の器材を用意。
4.工事設計変更申請
5.リモート運用テスト

これらを今年中に達成したい。
けれども、3までを11月初旬の連休で達成しないと後が無いのに、まだリグも決めてない。

0はHAMSTARさんのRRS-Piを利用するつもり。そのためにRaspberry Piを用意しなければならないが、いまちょうど2から3への端境期でソフト側の対応を様子見。
1のフルコントロール対応機種
ケンウッド TS-940、950、850、870、570、2000、480、590、990
八重洲 FT-450、950、2000、991、FTDX9000、5000、3000
エレクラフト K3、KX3、K3s
2で杞憂しているのは、エレクラフトを選んだ場合、新スプリアス保証をどうするか。アンテナ張る場所問題も深刻。タワーなどは無い、ルーフタワーは瓦が痛むので考えてない。となるとバンド絞ってダイポール3本程上げるか。だがそれも一筋縄にはいかない。いっぺんにやることが多すぎる。