読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

CW練習・106分

LCWO Lesson 23をクリアー。最近はコッホCWコースのレッスンを始める前にMorseMachineで耳鳴らししている。
f:id:kagobon:20160908230513j:plain
スピード練習も少しやってみたがリアルタイムロギングの練習メニューばかりで、ブラインドタッチ出来ない自分にはそれ以前の問題。

電鍵を入手した。

f:id:kagobon:20160908203620j:plain

いろいろ考えたが、同郷のOMさんお勧めの小型手作りパドルにした。個人の方がひとつひとつハンドメイドで作ってネットオークションで販売しておられる物。1個2.6K円だった。だが、手持ちの線材が無くてエレキーに接続できない。送信は週末までお預け。


結局、メーカー製は大き過ぎる。移動専門の当局には小型のパドルがマッチするかと思って。また心配なことがある。アラフォーアラフィフで電信デヴューした先達のBlogなどを読んでると、マニュピレーター(昔の言い方)の操作をどうしても習得できず縦ぶれにしたいう事例は少なくない。高価なメーカー製を用意しても使えなかったら元も子もない。縦ぶれはリズム感と手首のバネが無いと使えず、マニュピレーターはスクイズ操作でのタッチ&ゴーのタイミングが意識せずに出来るようにならないと使えず、キーボードは最低ブラインドタッチできないとスピードについていけない。どれを選んでも簡単にはいかない。さらにこのパドルを勧めてくださったOMさんの持論では受信は送信の50倍苦労するとか、えー。