日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

CW練習・レッスン了

LCWO最後のレッスン40を正解率95%で終えた。
f:id:kagobon:20161021000401j:plain

練習を始めてちょうど100日目、LCWOに移行してから89日目、試技回数175回、さぼったのは4日間。今日現在30日連続の記録更新中。
他の人の結果を見てると平均で1ヶ月前後だから、3倍の時間を費やしたことになる。

グラフには3回プラトーに陥ってるのが視覚化されている(L11-12、L20、L26)
f:id:kagobon:20161021000649j:plain
L26のときは苦手文字が出現したレッスンまで戻って練習を繰り返した。

全レッスンのリザルトではL8〜26に経過日数が嵩んでる箇所、ここが再レッスン
f:id:kagobon:20161021000912j:plain
その成果があり、最後まで破たんすることなく順調に進められた。

2ヶ月過ぎるまでは「取れなかったらどうしよう」というプレッシャーでなかなか練習を始められなかった。余裕が出てきたのは試技160回頃から。1〜2文字の記憶受信が身に付かないとこの速度でもなかなかに厳しい。記憶受信を身に付けるには練習するしかない。闇雲にやっても集中力は続かないので最高でも一日10分でやめといたし、レヴェルアップした時点でその日は終了としていたのも時間がかかった要因。まだまだ先は長い。最終的に実行速度20wpmに持っていく。それでやっとスタートラインに立てるようなもの。

あれほど苦しんだL P Y F Qは徐々に取れるようになってきた。
終盤の苦手は数字との混同。
J 1
V 3 4
H 5
の3パターンは素で間違えてることが結構ある。

終了記念に三アマの通信術試験と同じ毎分25字(5wpm)の平文テストをやってみた。練習していないアポストロフィー(トツーツーツート)が分からなかったのと空白も2ヶ所分からなかったが、文字はフルコピー。余裕で合格してると思う。これを23年前に成し遂げたかった。

CWできないのは素質が無いからでなく、単なる練習不足であることを我が身をもって立証した。*1

*1:まだ交信実績無いから『出来る』と断言できないが。