日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

9エリア移動

という名の帰省。旧コールの常置場所に。
ポチっておいたブツが届いていた。
f:id:kagobon:20161228223429j:plain
BYと0エリアから。

中身
f:id:kagobon:20161228221456j:plain

マグカップは2018年初頭にDX Peditionが計画されている世界中のDX'erが待ち焦がれている超弩級珍エンティティ、ブーベ島のコールサインを模している。3Y0Zは交信する予定はない(交信したいとも思わない)がアマチュア無線界の活性化のため微力ながら支援してみた。スモールサイズを選んだのに、わたしの手にはビッグサイズ。さすがアメリカンデザイン。

お買い物はこちらから。
Bouvet Island DXpedition souvenirs


もうひとつは40mバンドのフルサイズダイポール。どうも自作のバランの動作が怪しく原因も分からないので、市販のバランを買おうと思ったが、エレメント付きの爆安モデルがあったんでポチった。40mを選んだ理由は、ハイバンドはもう使い物にならない程コンディションが落ち込んでいるから。新年のNYPはこれで出る。NYPはお互いの名前を交換せねばならず、電信でやるのは今のわたしにはハードルが高過ぎる。たぶんPhoneになる。