日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

FとL

今週の成果 4/9-15

13語は速過ぎて嫌になる。
f:id:kagobon:20170415132501j:plain
英文は50字目位までは集中できても、ほんの些細なこと、例えばミスタイピング等、があると糸が切れたように訳が判らなくなる。ストレスを感じたら練習を中止することにしているので、一日3〜4回しか試技できていない。

筆記練習用ノートを発掘。久しぶりに符号グループをやってみた。
f:id:kagobon:20170415131440j:plain
特定の2文字が出てこない率は異常。この2文字はイメージ変換でしかデコードできないから仕方がない。けれども、瞬間的に出てこないときは考え込まずに飛ばすスキルが身に付いてきたから成果はあった。

コールサイン聞き取り
f:id:kagobon:20170415132932j:plain
17語から23語まで上昇したあと、また17語まで連続下降。波があり過ぎ。あてずっぽうでなく、ちゃんと取れてるつもりなのに間違えてる。どうして間違えるのか分からない。

電信の練習を始めてから今日で240日目

情熱と素質がある人は一日何十分も練習して8語ぐらい取れるようになったらデヴューするのだろうが、わたしはどっちも無くて練習不足なうえに常置場所から出られず移動運用の重い腰も上がらない。まったくできない頃は10語位取れたら楽しそうと思っていたけれど、実際は12語取れても1ミリも楽しくない。何故なら実際の交信を聞いても12語位のスロー送信してる局はおらず、皆速過ぎて何を打ってるのか解らないから。CQを出したら自分の取れない速度で呼ばれる可能性がゼロではない。実際そういう意地悪いことをする人は少なからず居るらしい。呼び回りは相手の速度に合わせなければいけないが、何度か聞いてコールサインは取れても今度は送信が思うようにできない。送信練習はスッパリやめた。パドルとか不器用な人間には無理。自分の少ない脳みそと不器用な手指では最低限のプレーもできやしない。送信はキーボードでも、せめて受信くらいは自分の耳で聴きたい。

電信はみなさん「苦労した」と仰るのにそういうことを綴った記事はあまり見掛けないので作ってみたくなった。これだけが練習を続けているモチベーションとなっている。