日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

電信を運用してみて雑感

6&Dでいろいろ感じたので忘れないうちに記録

交信テンプレ

電話と違って余計な言い回しを一切使わなくていいのが合理的で自分に合ってると感じた。相手のナンバーを了解したらそのまま「TU DE コール TEST」で呼び出しに戻るとか理想形。中にはご丁寧に「73 TU EE」を送ってくださる方もおられたが、こちらの送信速度が遅いのでなんだか申し訳ない。と思いつつも「TU EE」は返していた。けれども 「EE」を送りあうと、人とコミュニケーションしたような気分になる。

数字の略号

9のNは知っていたが、AとOは何のことかと思った。ナンバーを聞き返すスキルも無いので、有りのままに筆記してみて状況証拠的に1とφ(ゼロ)のことだと推測。あとで調べて1237890はそれぞれAUVBDNTと判明。ややこしくなるだけなのでNだけでいい。

コールバックをコピーして間違いがあれば訂正

これがいちばん難易度高かった。知ってる略号を組み合わせて「DE コール UR ナンバー K」と送信。

NR?

送信ミスでナンバーが支離滅裂になったとき相手が「NR?」を送ってきた。ナンバーのことだろうとは思った。

BKとKの違い

1文字でも少なくすればその分より多く交信できるのだから、BKじゃなくKを打つべき。いやKすら省略してもコンテストでは大丈夫。BKはコンテスト以外でパイルアップを捌くときに使うのではないかな。

8は激速

途中でやめたのは暑さが最大理由だが、8の局の送信速度が速過ぎるうえにフェージングと混信が激しくて自分のコピー能力に自信が持てなかったのもある。実際、1エリア移動のJA8をJA7に間違えてるのにまったく気付かず、30分後に同じ局と重複交信してしまった。

CWフィルターの必要性

当局のFT-817NDにオプションフィルターの類いは装着していない。早めの時間帯は混信もなくぜんぜん余裕だったが、Eスポが出て状況が一変。どこを聞いても同時に2〜3局聞こえてしまい脳内パニック。そりゃそうだ、混信状況での受信練習なんぞしたことないのだから。最後の交信が10:30でそれから1時間なんとか克服しようとしたが結局やめるしかなかった。KX3だったら良かったのだけど、別宅に置きっ放しなんで今回は817の出番となった。

実際やってみないと分からないことが多々あって奥が深い遊びだ。