日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。←達成しました。

CWフィルター取り付け

6&Dでは混信に悩まされたので、FDに備えてCWフィルターを追加。FT-817ND用は500HzのYF-122Cと300HzのYF-122CNがある。どっちが自分の運用スタイルに合ってるか判断材料に乏しいので、値段がちょっと安い300Hzを選択。

上蓋を開けた図
f:id:kagobon:20170719211347j:plain
何も付いてない素ノーマル状態

CWフィルター装着
f:id:kagobon:20170719211511j:plain
米国Rockwell Collins社のXF-115CN素子を使用。前身のCollins Radio Company社はW0CXXのコールサインを持つアーサー・コリンズ氏が設立した無線機器メーカー。航空機のアビオニクスを得意分野とし、アポロ月着陸船の無線機を製造したことで有名。電気信号を機械的振動に変換し、通過帯域をろ過するためメカニカルフィルターと呼ばれる。

無線機にフィルターを認識させる儀式。
F長押し→セレクトダイアルで38 OP FILTERを選択。
f:id:kagobon:20170719212048j:plain
デフォルトはOFFになってるのでメインダイアルを回してCWに合わせる。Fを押して設定完了

フィルターを使うときは、セレクトダイアルで「IPO ATT NAR」を選び、
f:id:kagobon:20170719212236j:plain
Cボタンを押せばフィルターが有効になる。

KX3のルーフィングフィルターを作動させたときみたいな、コーッという独特の音がスピーカーから流れた。成功。