日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

WPX CW 2018

運用場所に着いたのが14:30頃。ALL JAと同じところ。西側が崖なんで地上高稼げると思ったから。だが、HFは20mバンドのアンテナしか持ってない。設営中にオフロードバイクに乗った男性にお声掛けされ、聞けばアマチュア無線を嗜まれておられるとかで20分程EB。コールサインは聞かなかった。

15:15運用開始。びっくりする程静かだった。6エリアが2局高速CQ TESTを出しておられるだけで、DXなど聞こえやしない。QSBが激しい。強いときはS8、弱いときはカスカス。16wpmでは軽くQSBの谷間に入ってしまうな。S9+振ってる6エリアの局を呼んでなんとか交信成立。速過ぎてナンバーちゃんとコピーできたか自信ない。001方式は集中力が要る。

16時を過ぎるとようやくDXが聞こえてきた。RN0、B4、DS3、4F1、VR2のS振っててCQ連発している局を呼ぶが、送信してる最中にCQ出されるので届いてないのは明白。DXに届かないならJAはどうだ。4、5、6、8エリアのCQ連発している局を呼ぶが、トトツーツートトすら返ってこない。今日はダメみたい。18:05運用終了

f:id:kagobon:20180527172052j:plain

コンテストというよりコールサイン聞き取り練習だった。バンドコンディションに対して設備がプアすぎると推測。矢張り今ごろの季節はハイバンドかな。昨年のWPXも15mで出たし、来月のAAは15mにするか。

21:35追記

電子メールでログ提出。