日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

ALL JA所感

今年初めての国内コンテスト
f:id:kagobon:20190428132627j:plain

運用場所

当初予定していたのは栃木県佐野市の名も無き峠(1109m)。今回運用した場所より100m程低いが若干都心に近いのでそちらを上位にした。結局通行止めで行けなくて、今回の場所に変更したのだけど、結果オーライな気もする。状況が読めないときは常に複数の選択肢を用意するのが鉄則。朝から上って空いていたのは運が良かっただけだけど。都心に対して完全に見通せる場所で運用するのは初。眺めが素晴らしく、富士山がきれいだった。

コンディション

グランドウェーブは伸びなかったし、Eスポも出なかった。早朝は12が多く、夕方は11が多かった。10、13はコンスタントにいつでも出来た。自分が出てる15が取れたのは86局目で最後のマルチとなった。1エリア以外は07が1Q、09が3Q、18が2Qのみ。異常伝搬がなかった反面、淡々と交信していた印象。

送受信速度

CQ時は手打ちで対応できる最速の18語固定。呼んでくるコールの一部しかコピーできないときは手打ちで「JG1G?」とかやっていた。これもキーボードでやる方法はあるのかもしれないが、CTESTWINの設定メニューが複雑でよく分からない。呼び回りは相手の速度に合わせて可変。最高24語、最低は16語、平均20語ぐらい。DXコンテストの爆速符合で鍛えられたおかげか、速過ぎて何打ってるか解らない局は皆無だった。

外部電源

ポータブル電源を使用。最初はDC12V出力で5W送信、11.5Vを下回ったら安定化電源を間に入れて13.8V出力で5W送信。ついでにノートパソコンの充電までできてしまい、約11時間運用して残りインジケータ1コまで使い切れた。運用時間を延ばすときはリグの電源供給より、パソコンの電源供給のほうが深刻ではないかと思う。

ノイズ対策

電源のハムノイズは電源コードをトロイダルコアに巻き付けた。
f:id:kagobon:20190428094344j:plain:w320
パソコンへの回り込みはUSBケーブルを大きめのパッチンコアに2巻き。
f:id:kagobon:20190428094400j:plain:w320
適当にやっただけだが、ノイズもフリーズも無かった。バンドが違うからかもしれないけれど。

リアルタイムロギング

国内コンテストでは初めて使用。Dupチェックを自動でやってくれて超絶便利。提出用ログシートもサクッと作れて一石二鳥。もう紙には戻れないな。
f:id:kagobon:20190429112121j:plain:w320

ハイライト

朝来てこの場所が空いていた。
目標100Qどころか、前回の2倍以上もQSOできて丸一日楽しめた。
カムバック以来電信のQSO数が500を超えた。

ローライト

マルチが前回より1コ少なかった。
抑圧がひどくてコールサイン融けちゃってるのが数回あった。
携帯電話が圏外だった。*1

その他気付いたこと

50.276〜280辺りは、早朝は皆さんお空けになっておられたが、運用局が増えてくると形振りかまっていられなくなったようだ。
f:id:kagobon:20190428130858j:plain:w320

コールサイン確認したけどQSO成立しなかった局は5局。内訳は、何回呼んでもCQ連発が2局、呼んだらだんまりが1局、WKD B4 TUが返ってきた1局*2、呼ぼうと思ったらCLを打たれた1局。

次回の参加予定コンテスト

直近はCQ-M Int. DX
国内は6D*3

*1:余計な情報に惑わされることなく没頭できたからハイライトかも。

*2:1回目のミスコピーの可能性大だけど類似性のあるコールサインがない。

*3:国内コンテストは全国メジャーだけでいいかな。