日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

雪と氷に覆われた絶海の孤島へ出掛けて無線をする人達

来年2〜3月にVP8サウス・オークニー諸島へのDX Peditionが計画。
sorkney.com
毎年極地へ遊びに行こうとしては船が壊れて引き返す人類は、今度こそ吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度を越えられるのか?

VP8で始まるサウスシリーズは4コもあって、どれがどれだか混乱する。南米に最も近いのがジョージア、そこから時計回りにサンドイッチ、オークニーシェトランドと楕円形の弧を描いてる。ジョージアは研究者が常駐しており、本国イギリスからの定期便が月1で来る。シェトランドは広義では南極の一部でイギリス以外の国の基地があったりする。最も人里離れたサンドイッチは無人、残るオークニーは南半球の夏期間のみ研究者が滞在してるんじゃなかったかな。Peditionは2〜3月ということで、ブーベと違いヒトが居住するためのインフラがあるんで、行けさえすればON AIRは難しくはないだろう。サイクル25が始まってるか、サイクル24の終盤なのか。いずれにしてもメインステージはローバンドであろ。当局としては毎度のことながら、珍カントリーのPeditionには興味あるが、ドパイルに参加する気は無い。