日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

CQ World Wide WPX CW Contest初日(出てない)

朝から頭痛がひどくて何もする気が起きなかったが、いちおうリモートレシーバーでコンディションチェック。

20m

f:id:kagobon:20190525173510j:plain
すっごーい、滅茶苦茶出てる。始まったばかりでDXもJAも30語を軽く超える爆速オペレーション。一回でコールサイン取れない速さで聞き逃したらアウトの001形式のコンテストはちょっと無理。ゼロをTに、1をAに置き換えるのは止めてもらえませんかね。数字に変換しながらのキーボード入力追いつかないから。

15m

f:id:kagobon:20190525174057j:plain
人影まばら。シグナル強度も不安定。ただし速度は25〜28語辺りで安心してコピーできる。HL、BY、YBは確認。

10mは廃バンドなので省略。40mもちらっと覗いたがJA同士の通常QSOしか聞こえなかった。

この後、日差しが照りつけるなか、2時間程チャリ漕いで帰ってきて1時間気絶したら頭痛が治った。しかし、既に15時半とかになってて、今から出掛けても3時間も出来ないなと思い初日の運用は中止。001形式だし。

夕方RBNを見ると、15mでUAや9AやLZが入ってて、ちょっとでも行けば良かったと後悔。まぁうちの設備で出来るわけないんだが。