日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2019 CQ WW WPX Contest CW 結果発表

SO ALL QRPで、アジア6位、JA 4位、JA1エリア2位だった。
f:id:kagobon:20191103150340j:plain
国内外あわせて初めてALL BAND部門にログ提出して2位の好成績と考えればうきうきする。しかしながら、かなり減点された。

生ログは、17Q、25pts×17マルチで425点
結果は、15Q、15マルチで315点

Log Check Reportが届いて無いので減点内容は判らない。

以下推測、スコアをマルチで割り返すと21Ptsとなる。よって、2Q、4Pts、2Mが減じられたことになる。アジアとオセアニアで1局ずつ減じればピッタリくる。10m分の2局が無効になってるんじゃないの?

矢張り気になるので、すごく適当な英文メールでLCRをリクエストした。(゚ー゚;
f:id:kagobon:20191103164826j:plain

賞状の左下にサインがある局長殿から返信

「添付ファイルを見ろ(意訳)」という簡潔な一文とともにLCRが届いた。

減点内容は、15mでのシリアルナンバーのミスコピーが2件あり、QSO無効となった。ASとOCが1局ずつ。
具体的には973を173とコピー、729を719とコピー
当日のメモを見ると、前者はワッチなしの一発コピーだが、後者は1Qワッチしていて、そこで既に718と間違えてるから目も当てられない。

また、当局のコールサインをミスコピーしているのが2局
具体的にはトップレターをM、セカンドレターをP
前者は良く似てるからミスコピーだろう。後者はキーが近いからミスタイプだろう。
ここで疑問、相手はロギングソフトで送信してるんじゃないの?幾ら何でもコールバックが違っていたら気付くと思うのだが。検証のためにはもっとQSOしなければ。来年もがんばります。