日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2019 WPX CW所感

WPXは2年前に電信で初めて参加したコンテスト。つまり、CWを始めて2年経った。*1

コンディション

15mは、比較的近いところしか聞こえなかった。いつも強力に聞こえるDUとHSがぜんぜん居なかったのは不思議。UA0もQSOした2局以外は聞かなかった。代わりにいつも以上にBYが多かった。国内は1、4、6エリア以外は聞いてない。

10mは、0時台の1時間のみだったが、最初の30分は微かに聞こえるJA1のCQ TEST以外は本当に何も聞こえなかった。諦めずに1時間はワッチしようと決めていたのでなんとかKH2とBYをゲット。

SSN 0
f:id:kagobon:20190527193231j:plain

001形式のナンバーの送り方

上位桁の0を省略→0をオーに置き換え→置き換え無しと1Qごとに変えていった。
置き換え無しで行こうと決めた理由は、JA 1位常勝局がそうしていたから。

送信速度

24語を基本として、相手局に合わせて20〜27語の範囲で可変。
DXを呼ぶのに20語前後のスロースピードで打ってるJAが散見された。などとエラソーなこと*2が気になるぐらいには上達した。パソコン任せなので爆速で呼ぶことも出来るのだが、CTESTWINのフリーズが怖くて。今年既に3回フリーズしたが、いずれもDXコンテストの25語以上の速度で起きている。因果関係があるんじゃないかと。

ハイライト

・WPXで初めてDXと交信できた。
DXCC Wkd 21になった。QRP CWで。
・苦手な001形式をかなり克服できた気がする。

ローライト

・初日は頭痛がひどくてやる気が起きなかった。
・暑かった。*3
・オペレーター冷却ファンは熱風が吹いてくるだけで体感温度下げる効果なし。
f:id:kagobon:20190526095448j:plain:w320

各種データ

f:id:kagobon:20190527020757j:plain

f:id:kagobon:20190527020307j:plain

フルコール確認したけどQSO成立に至らなかった局
f:id:kagobon:20190527020342j:plain

DX交信が通算99に到達。あと1局でキリ番だったのに。

次回参加予定

WWSA CWの予定だったが車を修理に出さなければならなくなったため出られなくなった*4。次の週のAADXも怪しい。6月0Qは避けたいところ。

*1:この時はキーボード送信だったので、公式デヴューは同じ年の6Dとしている。尤も、リアルタイムロギング導入してからキーボード送信に移行してしまったのだけれども。手打ちはRとE Eぐらい。

*2:あくまでコンテスト限定。何打ってくるか予測できない通常QSOは無理。

*3:アイドリングで空調かけるのはエンジン止められなくなるので禁止。窓を開けておくと時々横を猛スピードで通過していく暴走車が煩い。虫も入ってくるし。

*4:バルブスプリングリコール修理で丸一週間預ける。