日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

電源回り作成

計画より1週間遅れで電源回り完成。

リグと昇圧器のレイアウトはそれぞれ画像のとおりで仮置き。

バッテリーからのDCケーブルはレイアウト変更を考慮し約1mの冗長性を持たせてAPP(アンダーソンパワーポール)を圧着。リグへのDCケーブルもカットせず使用。

昇圧器はMFJ-4416C

2年程前に購入して寝かせておいた。9〜11Vを13.8Vに上げられる。四角い端子の規格が長らく判らなかったが、APP(アンダーソンパワーポール)であることが判ったのがつい最近。利用する目処がついたので発掘。

導通テスト

配線間違いは無かったようだ。

これでポータブル電源はパソコン専用にできる。

昇圧器の出力電圧はテスターで13.96V

心配なのは出力電圧より入力電圧だろう。バッテリー電圧をモニターする必要がある。しかしながら、エンジン停止でも50Wで1時間位は運用できると訊いたので、QRP送信なら10時間位は平気かもしれない。

ケーブル等の容量*1

リグ側はMax 25Aの容量があるので、将来的に八重洲以外のリグを使うことになってもOK

秋のDXシーズンに間に合ってよかった。デヴュー戦はScandinavian Activity Contest CWを予定(明日!)。

いまある問題

同軸ケーブルが3D-2Vしかないため、50W送信できない。→解決*2
・ハンドルテーブルがFT-891Mの重量(1.9kg)で傾き、メインテーブルにも影響する。手前側が想定より低くなり、補助脚が用を無さなくなる。左側にパソコンを乗せれば安定するが、今度は脚がたわむ。根本的解決にはリグの置き場所を変えるかメインテーブルを作り直すしかない。
コンテナケースにリグと昇圧器を一緒に入れられない。コンテナケースを買い増しするか?→解決*3

*1:表中MFJ-4426Cとあるのは正しくは4416C。

*2:3D-2Vの耐電力は50MHzで380W。10mで損失0.99dB

*3:安定化電源が不要になったため、空きスペースが出来た。