日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

第63回フィールドデーコンテスト(出てない。)

朝、起きたら7時、気温29℃だった。この時点でモチベーションの半分以上をもっていかれたが、重い腰を上げて出発。先々月に下見した場所は道中、琵琶湖の水浴渋滞に巻き込まれる可能性大なのでやめて、Google Mapsで探した候補地でぶっつけ本番することにした。カーナヴィゲーションシステムに目的地をセット。40分位で行けそう。標高300mに満たない丘のような場所。ガチ勢はこんな低い山に来るわけないだろうし、コロナ禍でレジャー勢は移動自粛だろうから空いてるだろう、と根拠の無い推測。

住宅地の中の狭路を抜けて裾から登り始めて数百メートル。急に幅員が狭まり勾配がきつくなった。慎重に車を進めるとクロスカントリービークルでも進入を躊躇うような獣道になっていた。なんやこれ普通車じゃ絶対無理。この時点で残りのモチベーションが消し飛んだ。

やーめた

広い所までバックして2〜3回切り換えしてUターン。来た道を戻って帰宅してまだ9時前だったが再び出掛ける気ゼロ。冷房の効いたHOMEにSTAYして麦茶飲みながら顛末を記している。カムバック以来皆勤のコンテストはこれで無くなった。大体、猛暑の季節に野外コンテストとか馬鹿げてる。軸足がDXコンテストに移ってしまっているので国内コンテストは無理して出なくてもいいかな。

次回参加予定はWAEDX CWかYO-DX