日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

TS-590SGデジタルモード設定

2ヶ月ぶりに別宅シャック入り。
やったこと

2月27日(土)

NYPの成果を確認(昨日のエントリー参照)
・新しい局免許状をライセンスホルダーに収納
・kiwiSDR再セット→FTTHモデムと無線LANルーターの再起動で済んだ
・ライヴカメラ再セット→同上
・UBA DXのためにFT-891Mセット→ANTのSWRが落ちなくて諦めて撤去

2月28日(日)

・TS-590SGでデジタルモードを使用するためのセッティング(このエントリー)

具体的にはWSJT-Xで運用できるようにする。JVC KENWOODのHPに掲載されている手順を参考にした。
アマチュア無線機|FAQ(よくあるご質問)|KENWOOD

1.PCに無線機を接続する前に、仮想COMポートドライバーをインストール
 PCを再起動
 デバイスマネージャでPort(COMとLPT)を開き、Silicon LabsなんちゃらのCOMポート番号を控える

2.無線機の電源を入れ、USBケーブルでPCと接続

3.WSJT-Xの設定
無線機
f:id:kagobon:20210228113726j:plain
シリアルポートは、1で控えたCOMポート番号を選択

オーディオ
f:id:kagobon:20210228122308j:plain

4.TS-590Gの設定
データ送信時の入力音源の設定:メニュー69でデフォルトACC2をUSBに変更
f:id:kagobon:20210228093419j:plain:w320

受信帯域幅は最大にする:メニュー29でデフォルト2を1に変更

受信レベルの調整:メニュー72でデフォルト3を2に変更

送信レベルの調整:
 無線機のANT端子にダミーロードを接続
 送信出力を最小に変更(5W)
 WSJT-Xのチューンボタンをクリック
 無線機のALCメーターが3ドットになるよう、WSJT-XのPwrスライダーを調節

5.時刻補正アプリのインストール
iネッ時計にした。30分毎に200ms以上ずれてたら補正するようセット。

6.テスト運用
ANTが終わってるので受信は出来るが送信は出来ない状態。送信はダミーロードを接続して実施。誰も呼んで来ないのが分かっているから気軽に送信できた。
f:id:kagobon:20210228115514j:plain
877付近のやたら強い信号はリアルローカル局だが、存じているQTHにANTは上がっていない。いったいどこから送信しているのだろう。

7.所感
USBケーブル一本でオーディオ信号送受とリグコントロールまで出来て、あらゆる問題が一気に解決した感がある。矢張り高級機は違う。PCのクーリングファンが回りっ放し。Core i7の第8世代、メモリ8GB、SSD、Win10Proと無線用にしてはスペックオーバーだと思っていたがデジタルモード用ではそうでもないらしい。これ、ログはどうやって付けるの?WSJT-X上に生成されてADIF出力とか出来るのか?なにせ問題がひとつ解決したら次の問題が湧いてきて、当局にとっては依然ハードルが高すぎる。簡単に運用出来るとか言い切っちゃってる人は基礎学力が高いのですね、恐らく。