日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

FT8レヴュー・2日目

一昨日の午後から切れ間無しに雨が降り続いている。おかげでお盆休みのサイクリング計画がパー。別宅に居てもすることが無かったのだけれども、昨日から出来た。日本時間10時シャック入り。

リグとPCの電源を入れて、時計合わせアプリとWSJT-Xを起動。昨日の途中からWSJT-Xの起動時に「ADIFログスキャンエラー」が出るようになった。
f:id:kagobon:20210814181948j:plain
原因は恐らく、ログディレクトリーからADIFファイルをコピーしたから。Windowsのファイルマネージメントはナーバスなので、Macの感覚で使うとしばしばこういうのが出る。エラーが出るだけで実害はないため放置しているが、本当はどうやってログをエクスポートするのが正しいのだろう。WSJT-Xのバグ。ログをメモ帳で開いてヘッダの終端の文字列「eh」を「eoh」に修正して保存すればOK。情報提供:先人達

バンドスコープで空いてる周波数を探してワッチ。ふとDTを見ると1.8とかになってる。さっき時計合わせた筈だが。アプリ上では補正と表示が出るが、実際には合っていない。再起動もしてみたが状況変わらず。原因が分からないので暫く放置。1時間程経つといつの間にか0.1程度になってた。運用開始。

昨日と違ってJAよりDXのほうが多い。CQを出すといきなりHLが呼んできた。幸先良いと思ったのも束の間、次が続かない。矢張りDXが聞こえていると皆さんそっちへいってしまうのね。昨日のログを分析すると、受信レポート(SNR)が滅茶苦茶悪い。31Qでプラスのレポートが僅か3Q。最低はマイナス20dB、平均マイナス9.9dB。まぁワイヤーアンテナに5ワットだし、呼んでも届かないのは仕方ない。でも近い局なら届くかも。ということで、8N9OLPを呼んでみた。こちらから+17dB、返ってきたのは+1dB。直線距離5〜6kmなのに。この後CQを出していたら、ローカルのDX'erが呼んできた。これは強かった。Send+21dB、Rcvd+13dBだった。この局はOLPより更に近く、近過ぎてPSKRでは0kmと表示されていた。
f:id:kagobon:20210814182313j:plain
レポートがリアルなのはFT8の利点。電信電話だとどうしても感覚的な補正が入る*1が、デジタルは機械が計測した数値なので信頼性が高い。電信電話より早くバンドコンディションを把握するのに便利だと思う。

今日は他には8J8OLYMPICと交信。DX呼び回りはVK8、YB、BVと成立。3D2、HS、5Wは呼んだけど届かなかった。2日間で6カントリーWKD。もうLoTWにコールサイン証明書を請求してみようか。ちなみにJAの0エリアは今日も出来なかった。

いまある疑問

・交信の最後に「RR73」を送るにはどうしたらよいのか?テキスト欄を書き換えても次のシークェンスでは元に戻ってる*2。【8/19追記】Tx4ボタンのダブルクリックでRRRとRR73を切り替えできる。情報提供:先人達
・レポートを受信していないのに相手から「RR73」が送られてきたら、自動的に交信終了してしまうのが1Qあった。交信成立でいいのか?
・当局に優先権が無いのに違う局から呼ばれて応答したら、その周波数で送信してしまった。こういう場合はどうすればいいのか?

*1:実はコンテストしかやらないので、599又は59以外のレポートをもらったことがない。

*2:WSJT-Xデフォルトの「73」でも問題ないようだけど「73」が返ってきたことは皆無なので不思議。