日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

FT8レヴュー・其ノ参

UTC 8/13 0230〜8/16 0200迄のまとめ兼備忘録。
f:id:kagobon:20210816110742j:plain:w640

概要

・9のコールで運用、52QSO
・アンテナQuad Band End Fed*1 at 5.5mh、TS-590SG出力5W、WSJT-X v2.2.2 Win64iネッ時計で30分毎に時刻補正
CQを出したのは2日目まで*2で、あとはDX中心の呼び回りに専念。JAを呼んだのは五輪記念局のみ。

15m 50
20m 2
JA 42
DX 10

DXCC WKD
YB 2
BV 3 9のNew
UA0 1
HL 1
VK 1 9のNew
3D2 1 ATNO
VR2 1 9のNew

・五輪記念局
8J8OLYMPIC 15m
8N8OLP 15m
8N9OLP 15m

SNR(max〜min)
Send +23〜-23
Rcvd +16〜-20

運用準備

・運用30分前にリグとPCの電源を入れてiネッ時計をセット。起動直後は時刻補正されてるようでされていない。当然手動でも補正されない。30分経過して1回目の定期補正で初めて補正される。モニタ用にWSJT-Xを起動してデコードONにしておく。
・フロアノイズが高いときは*3、リグのDSPフィルタHiを絞る。デフォルトは2600Hz

運用時間帯とバンド

基本的に日中(JST6〜18時)しか運用しなかった。夜間はローカルのDX'er*4が当局にデコードできない局を呼ばれていたりするので邪魔しちゃ悪いと思って。早朝は15mで何も聞こえないので20mに出たが、あまり出来なかった。*5

なんぼ呼んでも出来なかった局

15m HS、5W、CE、VK2〜4、BY2,4,7
20m 5W、W、ZL、VK2〜4,6、DU、UA0

BYは一日中わんさか聞こえるが何回呼んでもCQ連発局ばかり。VK2〜4もよく聞こえるがなんぼ呼んでも届かない。

QSO成立閾値

SNRを分析して算出、DXを呼ぶ場合の理想は-5dB以上。-11dBまではコンディションとタイミングが合えばCBあるかもしれないので2〜3回呼んでみる。-12dB以下は呼ぶだけ無駄。尤もパイルを捌いてるような局はSNRプラスでも確実に呼び負ける。

弱すぎて呼べなかった局

15m UN、9V、DU
20m JT、KG7(W?)

PSKR

15m 8/14
f:id:kagobon:20210816103515j:plain

20m 8/15(JST 8/16朝)
f:id:kagobon:20210816103251j:plain

AS OC大体同じような範囲に届いている。NA SA EUは届いていない。AFは開いてる時間帯でないかリポート局が不在と思われる。

QSL管理

・9のコールは紙QSLカードを発行しない方針のため、すべて電子QSLで対応。現在eQSLのみ。LoTWは近日中に登録予定。【8/20追記】LoTW登録完了
・ログはWSJT-Xのログディレクトリを開いて、ファイル名wsjtx_log.adiをローカルにコピー。電子QSLサービスにそれぞれアップロードしている。
HAMLOGはADIFをインポートできないので放置。代わりにExcelでログ管理。
・【8/17追記】CTESTWINにWSJT-Xのログを取り込ませてHAMLOGのCSVファイルへエクスポートし、HAMLOGでCSVファイルをインポートする。
f:id:kagobon:20210817212352j:plain:w320

f:id:kagobon:20210817212417j:plain:w320

感想

パソコンに向かってマウスをクリックしているだけのアマチュア無線であるが、空いてる時間を活用できるし、別の事をしながらでも出来るのは合理的。また殆どのオペレーションを機械が自動でやってくれるため、気負わずに気楽に運用できる。当局にとっていちばんのメリットは昨年暮れに買ったTS-590Gを使う機会が出来たこと。また、ペーパーライセンス状態だった昔のコールサインでのカムバックにもなり、一石二鳥以上の価値があった。

*1:LNR Precision製10/15/20/40m

*2:後述するが紙カードを発行しないので、9エリアのカード目当てに呼んで来られるJA各局には申し訳ないなと思ってCQ出すのは控えた。

*3:と言ってもS3位だが。ふだんはS0〜1

*4:FT8でコール確認しているのは6局。

*5:3D2とVR2以外ぜんぶ駄目だった。