日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

秋のDXシーズン'21・其丿肆

WSJT-X 2.5.3にアプデ。
f:id:kagobon:20211211180302j:plain
ARRL January VHFコンテスト用の新機能追加。各OS版のコンパイル?を担当していた開発メンバーの一人がSKになり、とりあえずWindows 64bit版のみ先行リリースらしい。

インストール後の15mバンドで1局だけ見えていたCEを呼んだら応答があった。CEは何回も聞いてるが交信出来ていないカントリーのひとつだった。CWより先にFT8でWKDとなった。これでカムバック以来の52番目のカントリー。センチュリークラブ入会なんてまだまだ夢だな。しかも2つのコールサインでのAll Timeだから個別では両方50にも届いていない。

日中は無線機の前には殆ど居なかったが後でWSJT-Xのバンド状況を見ると、BY、YB、VKが大半を占めていて時々BU、UA0、ZLが見え、午後3時すぎから5時にかけてZone 18、17、16が数局入感していた。最後のデコードは午後6時すぎでVKだった。秋のハイバンドDXシーズンもそろそろ終わりだろうか。