日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

ALL JA 生スコア

連盟のコンテストでもRaw Scoreが公表されるようになっていた。ログ受付リストから辿れた。早速Excelにインポートしてソート。

C50Pで関西2位(6)、C50Mで関西4位(18)、C50Hで関西5位(20)だった。入賞は出来なさそうだが、存在感はアピールできた。

せっかくExcelに取り込んだので、気になる分析をしてみた。

紙ログ提出107局。分母が1948なので約5.5%。部門別にみるとXSの19局が突出していて、CSが2局しか居ないのとは対照的。分母はそれぞれ120局と83局なので、CSの2.4%に対してXSは15.8%も紙ログ提出。70歳以上の電話メインの局はロギングソフトの普及が進んでいないと分析。紙ログは連盟において手打ちで電子化している。紙ログ提出が減ればそれだけ結果発表までの時間が短縮される。生スコアも見られることになったし、連盟は電子ログ提出の促進をしてもらいたい。

0点でログ提出8局(CHECKLOG除く)。うち存在しないカテゴリーNC7、NX50M、B1200、3.5XAMは誤入力に気付かずアップロードしたと推定される。残り4局はカテゴリーはあるのにスコア0点。謎だ。