日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

JA9-VU所感

ミックス・マルチバンド初参加となった今回、運用してみていくつか課題が見えた。

CTESTWINの設定

DJ-G7で1200MHz帯運用時にリアルタイムロギングするやり方が分からなかった。バンドとモードを変えてもいつの間にか50MHz CWに強制変更されてしまい、後から手動で修正していた。リグコントロールケーブル外しても変わらなかった。

→リグコントロール設定→RIG無しのチェックボックスをONにして、仮想周波数設定を1200MHzにする。Ctrl+TでRIG1>RIG2>RIG無と切り替わる。

ハンディ機の運用

PC手前にDJ-G7を置いて、左手でマイクを持ちながら、右手で奥のPCを操作するのは無理。

案 DJ-G7をどこかに固定→手前が空くので自由にタイピングできる。かつ電波の輻射方向と強度が安定し明瞭度が向上。
具体案 Lアングルで三脚固定がポピュラー。

後席の座り心地が悪い

7時間の運用で腰と首が痛くなった。終了を早めた遠因でもある。
とりあえず座布団的なアイテムで様子見

New机が姿勢に合わない

座高に対する天板が高すぎる→脚を切ってアジャスターフット装着
左側が1脚のため不安定→脚と前席に固定する工夫を施す
天板右側が狭い→10cm幅広い天板に交換。主脚は右なのでバランス的には許容範囲、の筈

開催時間延長

今年から3時間延長され、終了が15時になった。この時期の午後はゲリ雷雨の心配があるので12時終了のほうが良かった。尤も台風の影響が残っていて午前中から降りそうな天気で実際降ったり止んだり。時間延長になった影響はもうひとつある。同日開催のKCJコンテストに割く時間がほとんど取れなくなった。15時に終わって帰宅するのは16時。残り5時間しかないのに入浴、夕食、大河ドラマで3時間取られる。尤もJA9-VUで半端無く疲れてKCJどころではなかったが。そう言えば、コンテスト中唯一聞こえた1エリアの局はCQ KCJ TESTを打っていて呼べなかった。