日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴る、筈でした。

WWSA CWに参…

World Wide South America CW Contest、通称WWSA CWは、GACW(アルゼンチン電信同好会)が主催する毎年6月第二土曜1500Zから24時間で競われる南米VS世界のコンテスト。日本時間では日曜0000〜2359。コンテストナンバーはCQ Zone、マルチはCQ ZoneとEntityの和と、CQ-WW-DXと同じ組み合わせで比較的出やすいと思う。当局は初参加・・・になる筈だった。南米のナの字も聞こえない。RBNでは北米と南米間のパスはあるようだが、聞きに行ってもシーン。IBPビーコンもKH6とZLしか聞こえなかった。10mで。SSN:150、K-index:3、A-index:24、デリンジャー現象Lv.2、午前中なのに北米すら1局も聞こえない。運が悪かった。

いつもと違うアングルから撮影

近距離はEsで飛ぶので、28.050MHzより上では国内コンテストが賑やか。朝9時から12時までで、CQ GF、CQ OT、CQ YNは確認できた。他にも多数開催されていたと思う。28.03MHz辺りにFMでQSOしている局がいた。QSLカード交換の約束をしていたがコールサインは言ってなかった。バンドプランは法制化されてるのを知らないのだろうか。本来のFMバンドである29.30MHz付近も盛況。中国語のラグチューも聞こえた。

気を取り直して、来週はAADXだ!