日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

WWDX CW前夜

日本時間11/25 09:00から48時間に渡って、アマチュア無線の国際コンテストであるCQ World Wide DX Contest CW部門が開催される。アマチュア無線の国際コンテストの中でも最も大きなコンテストであり、世界中の無線家たちがモールス符号でナンバーを交換し国際親善をはかる。対象の相手局は海外局ということで、この日に合わせて世界各地でDXペディションや特別局のオンエアーが計画されている。ざっと数えただけで85エンティティもあった。

CQ World Wide DX CW Announced Operations: 2017

電信の運用を始めてから初の海外通信に挑戦。若者時代は21MHz帯の4エレ八木アンテナに10ワットのSSBで北米やオセアニア、ヨーロッパの局と交信していた。だが、いまは昔ほど電離層コンディションが良くないうえに八木アンテナも無い。幾ら電話より飛ぶ電信とはいえ5ワットの微弱電波がオーヴァーシーへ飛んでいくだろうか。キーボード送信デフォの海外局のスピードについていけるかどうかも怪しい。彼らは毎分150字は下らないそうだから。わたしのスキルで100%送受信できるスピードは70字である。2倍以上の速さを克服しなければならない。不安と期待が入り混じっている。

14MHz帯をシングルオペレーターで運用する。運用場所は山を予定。オセアニア狙いなので北側のロケーションは無視。アンテナはサガ電子工業謹製ZA-14Hツェップライクアンテナをこの日のために用意した。試し張りなどはしていない。

CW練習・1年4ヶ月

練習を始めてから488日目、実質373日目。

受信

合計1221分、20時間を超えた。
符号グループは文字、数字、混合すべてを速度20語/実効10語に上げた。

混合は迷ったり出てこないことはほとんどなくなったが毎回同じようなミスコピーが2、3個ある。
f:id:kagobon:20171120230451j:plain
3 4 V、1 J、6 Bは鬼門。最近になってD Zという新パターンが発生。

実効10語に上げてからの平均スコア
文字 21回/98.5%(最低95.4%)
数字 21回/98.4%(最低94.5%)
混合 17回/96.1%(最低87.3%)
LCWOの基準では次の段階へ行け。なのだが、まだ納得がいかない。文字は数字が出てこないぶん、混合より余裕が無いだろうと思っていたが正解率は高い。26文字しか出てこないのと41文字も出てくる差であろ。数字が文字より低いのは練習量の差*1と分析。

英語平文は16語に上げた。平均スコアは14回/95%(最低83.3%)

遅れ受信は3〜4文字できてることもある。しかしながら音を聞いた瞬間に文字が浮かんでくる現象はいまだ無し。そんなことなるわけがない。何故なら、わたしの脳はイメージ変換でデコードしているから。その代わり、音を聞いた瞬間に文字として認識する前にキーボードを打ってることがある。

コールサイン聞き取りは先月とほとんど変わらず。
f:id:kagobon:20171120232501j:plain
速度の壁が視覚化されている。

送信

16語で練習中。マルツエレキーの突然音が出なくなるトラブルがまた出始めた。自励式ブザーを交換するか。

これくらいで送受信できるなら「CW出来る」と言いきれる。素質も情熱も根性も無い自分にしてはよくやったと思う。好き嫌いに関わらず練習すれば出来ることを立証した。

*1:累計で3倍くらい違う。

目標の達成状況

昨年、カムバックに当たって掲げた目標の達成状況と、目標の修正。

jg1goy.hatenablog.com

達成状況とコメント

目標1 上級資格を取得する。 達成!
    第二級アマチュア無線技士を取得。
    もう一個上の資格は今のところ必要ない。

目標2 1のコールで運用した公式記録を残す。 達成!
    2016年 FD(X50)、JA9 VU(50M TY県1位)
    2017年 WPX CW(15m QRP JA9エリア1位)、6D(C50)、FD(C50)、JA9 VU(50M TY県1位)、ACAG(C14P)
    電話どころか電信のDXコンテストにまで公式記録を残してしまった。

目標3 CWでQSO 達成!
    非スケジュール、耳コピー、手打ち送信に加えて、CQ出してのQSOを実現。嘘みたい。
    しかし、ラバースタンプの壁は高い。

目標4 CWでDX QSO*1
    矢張りWWでデヴューするか?

目標5 若者時代に出ていないバンドに出る。 一部達成!
    1.9/3.5/10/14/18/24/1200M
    WARCバンドはコンテストに使えないのであまり気が進まない。
    ローバンドはアンテナ大きくなるためあまり食指が動かない。

目標6 若者時代にやってないことをやる。 一部達成!
    CW/デジタル通信/衛星通信/月面反射通信/RC FPV/リモート運用/リアルタイムロギング
    衛星は技術的ハードルが高すぎて出来る気がしない。通信の仕組みすら理解不能。脳内を?マークが駆け巡るだけ。
    RC FPVはカムバックの柱と思ってたこともあったが今現在あまり興味がなくなった。
    リモート運用はやろうとしたが自力では技術的に無理と悟って放置中。今の住所にいる限り法的制約があって不可能。
    
目標7 自作アンテナでDX QSO
    夢。目標ではない。

目標8 未交信の大陸である南米、アフリカ、南極と交信
    先日デジタルでアフリカが聞こえることが分かって夢ではなくなった。

修正目標

目標4 CWでDX QSO

目標5 若者時代に出ていないバンドに出る。
    1.9/3.5*2/10/18/24M

目標6 若者時代にやってないことをやる。
    デジタル通信/月面反射通信/リアルタイムロギング

目標8 未交信の大陸である南米、アフリカ、南極と交信

目標9 見せシャックを構築する。←NEW!

*1:日本国外の局。したがってJD1、8J1南極はカウントしない。

*2:3.8Mを含む。

UHFコネクタとM型コネクタ

疑惑の秋月UHFコネクタと手持ちのM型コネクタを比較してみた。M型コネクタはラジオセンター2Fの山本電機で買った物。
f:id:kagobon:20171116203348j:plain
UHFコネクタのほうがねじ山のピッチがわずかに広いような気がするが、よく分からない。

ねじ山同士をすり合わせてみた。
f:id:kagobon:20171116205236j:plain
もし同じ規格なら山の間隔は均等になる筈。しかし、そうは見えない。

幸い、UHFコネクタは先日秋月で買った物しかないので、これを封印すれば解決する。目出度し目出度し。

ダミーロードは一旦バラバラにした。100Wもの大電力を扱うのだから配線剥き出しは矢張り危ない。ケースに入れるのを検討。

ダミーロード作った。貳

200Ω 25Wのメタルクラッド抵抗を4個入手。
f:id:kagobon:20171112184652j:plain:w360
秋月で1個250円。

耐入力100Wの50Ωダミーロードを作った。
f:id:kagobon:20171112235040j:plain:w360

抵抗値49Ω
f:id:kagobon:20171112194559j:plain:w360

ユニバーサル基板、UHFコネクタ*1と合わせて1260円位で済んだ。と思ったのも束の間・・・

抵抗値がおかしくなった。
f:id:kagobon:20171112194837j:plain:w360
まったく、電気回路の工作は一発でうまくいった試しがない。だから自作は嫌いなんだ。

*1:M型コネクタの秋月での呼称