日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

電子申請・届出システムLiteリニューアル後初の届出

別宅免許から遅れること1年1ヶ月、移動局もようやくFT8の追加を届け出た。
f:id:kagobon:20190116200638j:plain
変更は通算6回目となる。だが、直ぐにFT8を運用可能な無線設備は別宅に置きっ放しである。

リニューアルされたシステムは、半角で入力しても設定ボタンを押した瞬間、全角に置き換わるのが便利。というか、全角しか受け付けない旧態然な仕様のほうを変えて欲しかった。

ARRL RTTY Roundup

というコンテストがあると知って、20mのアンテナRadix RDE-20の調整がてらいつもの場所へ。
www.hamlife.jp
WとVEが相手のコンテストだが、JA同士も有効とのことでワールドワイドなの?

アンテナの組み立て中に部品が足りないことに気付いた。バランマウントセットに含まれるショート端子という部品。
f:id:kagobon:20190106121906j:plain
RDE-15には不要なのだがRDE-20には必要。いままでRDE-15しか使ってないから完全に忘れていた。

忘れたものはしょうがない。RDE-20を片づけて、RDE-15を15mに調節してフルアップ
f:id:kagobon:20190106125906j:plain
FT-817とPCをデータケーブルで接続。バンドプランによると21.070〜21.125MHzが狭帯域データになってる。21.074辺りはFT8の筈だから、21.080から上ぐらいかな?と推測してVFOを回すが何も聞こえない。矢張り廃バンドだったか。

気を取り直して、副案のHAMtte交信パーティーに出てみるかと、規約を読んだ。

CWは21.060〜21.070MHz、呼び出しはCQ HMT、ナンバーはRSTに続けてHMT、当局はHAMtteメンバー局なのでコールサインの後にHMTを送出することになる。f:id:kagobon:20190106152325j:plain
移動だとツートトツートを2回も打たなければならなくなる。準備無しでいきなりやるにはちと冗長じゃね?

推奨発報時刻も次は18:00だし、今日はやめよう。(゚ー゚)

KX3送信出力再測定

KX3の送信出力がバンドごとにバラつく件について、再検証

jg1goy.hatenablog.com


結果から言うと、バラつきはあるが修正方法を見つけた。
それは、計測する前にATU TUNEボタンを押す。
f:id:kagobon:20190104210724j:plain
上図の1回目はATUなし、2〜3回目は計測直前にATUを作動させた場合。
ダミーロードは50ΩだからATU不要な筈なんだが、何故かATUオフだとパワー出ないバンドがある。そういう仕様だと割り切るしかない。

これでハードウェアの故障でないことが判ってモヤモヤが吹き飛んだ。だが、21MHzだけは何をしても8Wしか出なかった。LA使うときは5Wあれば150W出るから問題ない。
f:id:kagobon:20190104205119j:plain
HLA150Vを接続しての測定は省略。エキサイタが正常だと判ったので不要。どうせQRPでしか送信しないし。

第72回QSOパーティー二日目

RTTY受信に成功。みなさん7.030〜7.040MHzに出てるようだ。
f:id:kagobon:20190103110913j:plain

午後からはFT8も駆使。WSJT-XではデフォルトがDX専用の7.074MHzなので、リグ側でJA国内用の7.041MHzに変更。
CQ NYPを出してる局をクリックすると、右側のウインドウに移行するので、あとは放っておくだけ。
QSOが成立したらTime、Sig Rept(dB)、QRA、Wkd Callを紙ログに転記。TimeはUTCなのでJSTに直す。
f:id:kagobon:20190103150826j:plain
NYPQSOは、普通に交信し73RRを送った後のシークェンスでオペレーターネームを送ることで成立するっぽい。

成果

CW 7局
RTTY 8局
FT8 5局

1Day AJDは完成しなかった。9〜0エリアが未達。
f:id:kagobon:20190103145039j:plain
一日目に諦めなかったらRTTYの受信テストはやってなかったと思うので、結果オーライと言ったところか。

ノルマ達成できてあっかりした。残りあと2回!