日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2019 ARRL DX CWに参加(二日目)

昨日に引き続きというか、今日が初日。

精神衛生上よろしくないV-DPは引っ込めて、実績のあるエンドフェッズを張った。
f:id:kagobon:20190217114638j:plain
写真のアルミポールが傾き過ぎてるのは歪曲収差の所為。

日本時間8:10から運用開始。

最初の一発目は必ず符合が乱れる。また、F11キーで呼ぶとき素早く2回押下しないと送信しない。USBIF4CWの仕様なのかパソコンの設定がおかしいのか。そして今日もUSBIF4CWが暴走した。16局目にオレゴン州のナンバーを受領し、こちらのナンバーを送ったらNR?が返ってきたので再送したら途中でキーダウン状態のまま操作を受け付けなくなった。ここでパニクってリグの電源を落としてしまった。電源を再投入、USBケーブル抜いて刺し直してもハング状態が解消しておらず、全てのケーブルを抜いて1分程放置して現場復帰した頃にはさっきの局は消えてしまってた。QSO成立してる自信は無いのでノーカウントにした。

8時台は強力な局がわんさか聞こえ、目標としていたCQ Zone 4もモンタナ&テキサスとあっさりQSO成立して達成。まさかのCQ Zone 1(カナダのユーコンテリトリー)まで交信できたのはびっくり。9時台になると極東ロシアや中国や東南アジア諸国からの北米向けCQ TESTが入りまくり、その間を縫うように6、7エリアとQSO。6エリアなのにナンバーがCAじゃない局も居て気が抜けない。10時すぎからコンディションが不安定になってきたのが判った。USBIF4CWが暴走したのが10:20頃だったか。そこから次のQSO成立まで1時間近くかかった。CQ連発している局を呼んだら黙ってしまうことが3回。また信号が強くなるのを待っていたらそのままフェードアウトしてしまったりということが頻繁に起きるようになってきた。11時台は1局のみ。この頃になるとJAの北米向けCQ TESTの抑圧の谷間にQSO済みの局と何回呼んでもCQ連発局しか居ない状況。北米は午後になると聞こえなくなる。やめ時だな。最後の局がナンバー交換後に何か打ってきたが速過ぎて取れなかった。11:20CL

f:id:kagobon:20190217141636j:plain

QSO成立は17局、最終スコアは51pts x 8マルチ = 408点

撤収、帰宅して、カブリロファイルを作ってログ提出。40番目だった。今年もシングルオペレーター・シングルバンド20m(パワー不問)にエントリーされた、と思う。このコンテストはシングルバンドのQRP部門が無いのでしょうがない。

ハムログへインポートして、ハムログからADIFファイルを出力してLoTWへ署名付きアップロード。QSL皆無。まぁまだコンテスト中だし。

QSOしていただいた皆様に感謝します。

2019 ARRL International DX Contest CW 初日

今日はCWなので先週よりもエレメントを1cmずつ長くした。
f:id:kagobon:20190216084906j:plain:w360
チューニングの方向性は合ってるようだが何故かベースが高く精神衛生上よろしくない。先週は2以下だったのに、おかしい。

08:59運用開始。ところがポータブル電源のスイッチを入れようとして、既にONになっていることに気付いた。運搬中に入った?いや、再投入しても通電しない。先週スイッチを切り忘れて放電しきっていたのだ。こんなこともあるうかと無線機内蔵バッテリーがある。しかし、FT-817の内蔵リチウムイオンバッテリも9Vを切っており、30分程受信していたら8Vを切ってまもなくシャットダウン。
f:id:kagobon:20190216093939j:plain:w360
Wが入感してるのは午前中だけなので今日は諦めるしかないな。いちおう、6、7、0エリアは聞こえた。

いちばんの問題がネイティヴが打つ爆速モールス符号を一回でデコードできないくらい受信能力が衰えてる自分であろ。練習しとくんだったな。と思ってもあとの祭り。まぁ初日はQRPで出てもフラストレーション感じるだけだから、明日に賭けよう。

CQ-WW WPX RTTY

14MHzのV-DP調整がてら、あわよくば掲題のコンテストに参加してやろうと、いつもの場所へ。
f:id:kagobon:20190210104644j:plain
RTTYとはラジオテレタイプのこと。日本語では印刷電信。電波型式はF1B(周波数偏移変調)。毎分約60字でアルファベット、数字及び記号を送出する。昔は専用のテレタイプ装置を使用していたが、今はパソコンのソフトウェアがすべてやってくれる。無線機もここ10年くらいに出た機種はもれなく対応しているので、ユーザー側で用意する物はパソコンと接続ケーブルだけ。最新機種はUSBケーブル一本で済むらしいが、FT-817NDでやるときはデータケーブル、PTTコントロールケーブル、マイク入力ケーブル、USBケーブル及び中間インターフェース(当局はUSBIF4CW)が必要。ソフトウェアはフリーソフトのMMTTYを使用。お正月のQSOパーティーで受信に成功していたので、送信も難なく出来ると思っていた。RTTYの初QSOがDXもあり得るかもぉ、などと気軽に考えていた。

先ずは取説通りにアンテナを組み立てて計測
f:id:kagobon:20190210104140j:plain:w360
どこかが接触不良っぽい結果になった。ディップ点の傾向としては上のほうにあるようなので、重なり長を2cmずつ短く*1して再計測
f:id:kagobon:20190210104946j:plain:w360
短縮コイル入りのアンテナだし、こんなものだろう。←面倒くさがり屋

運用前の問題点

今日は車を南側へ向けたため差し込む日光にPCのバックライトが負けて画面が見えなくなったためフロントガラスを遮光シートで覆った。
MMTTYに一旦登録したコールサインが変えられない仕様だと気付くまでに小一時間を要した。別のフォルダを作ってアプリごと再インストール。つまり、コールサイン毎に同じアプリが新たに必要という。意味が解らない。

とりあえず送信したら、謎の文字列が延々と表示されて、デコードできなくなった。
f:id:kagobon:20190210151021j:plain
アプリを再起動したら直った。
しかし、これでは交信どころではない。

判明した問題点

送信したら受信不能になる。原因不明。
PCのマイク端子へ接続するコードが短すぎるうえに、マイク端子から数ミリ浮かせた位置でないと正常に動作しない。コードが短くて微調整が困難。
MMTTYの使い方が破滅的に分からない。ボタン全部英語だし、大体Web上の解説を読んでも交信手順がイメージアップできない。
ログは自動で記録されるのかされないのか分からない。されないのを前提としたら紙ログ必須だが・・
キーボード叩きながら紙ログつけるの不可能じゃね?ひざ上をPCが占領しているため。
トラックパッドで操作するの難し過ぎ。マウス置く場所が要る。
ダミーロードが無いので送信テストが出来ない。送信後に受信不能になるのがアプリの設定ミスなのか電気的要因(回り込み)なのか検証しようがない。

所見

一筋縄で解決出来なさそうな問題が多すぎる。ちょっと難し過ぎて当局には無理かな。兎に角、RTTYの基礎知識が無さ過ぎて交信に至るレヴェルに無いことだけは判った。しかしながら、主目的のアンテナ調整はできたので、気持ちを切り替えて来週のARRL-DXに備えよう。RTTYは9月のWWDXまで忘れる。

本日のシャック
f:id:kagobon:20190210111958j:plain

受信したカントリー

14.080辺りから14.090辺りが銀座。上は14.105MHz辺りまで確認
HS YB JA DU BY BV UA0 UN

次の参加予定

2019 ARRL International DX Contest CW

*1:重なり長を短くするとエレメントは長くなる。

電子申請・届出システムLiteリニューアル後初の届出

別宅免許から遅れること1年1ヶ月、移動局もようやくFT8の追加を届け出た。
f:id:kagobon:20190116200638j:plain
変更は通算6回目となる。だが、直ぐにFT8を運用可能な無線設備は別宅に置きっ放しである。

リニューアルされたシステムは、半角で入力しても設定ボタンを押した瞬間、全角に置き換わるのが便利。というか、全角しか受け付けない旧態然な仕様のほうを変えて欲しかった。

1月30日 審査終了

丸10営業日かかった。