日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2020 REF French Contest CWに参加

日本時間13:10到着。

先週に引き続き20mのV-DP。2cm長くして14.020MHzでSWR1.2
f:id:kagobon:20200126132916j:plain:w360

13:40開店。
f:id:kagobon:20200126140054j:plain
UA0とBYしか聞こえない。

REF Frenchコンテストはフランスのアマチュア無線連盟REFが主催するフランスx世界のコンテスト。JA局が交信できる相手はフランス局だけである。海外領土も有効なので太平洋に幾つかあるカントリーが聞こえやしないかと思っていたがオセアニアのオの字も聞こえない。先週のHA-DXで今月の実績出したから今日はボウズでもいっか。フランス本国なんて今まで聞いたこともないし。

14:20頃からUAが聞こえ始めた。R110WGって何だろう。記念局ぽいが、QRZ.comではヒットしない。あと、14.016〜18付近にドパイルがあるが±5k位まで探しても本尊らしき局が聞こえない。聞こえない局を呼ぶDX'er怖い。15:20頃までにUNとURと何故かLZが聞こえた。16:40頃、ついにFの信号を受信。だが弱い。S1〜2ってとこ。2回程呼んでみたが届かない。この局を皮切りに蚊のなくような強さのFを4局確認。もう少し強くないと無理。思いきって上のほうまで行くと14.045にリアル599のF6REFを発見。嘘でしょ。JAで例えたらJA1RLが出てるようなもの。呼ぶ。有意性のあるアンサーバック。再送信。AGNを打ってきたので、2回繰り返すとナンバー付きで返信があった。ゼロゼロなんだ。だがテールレターが違ってたんでコールサインに続けてナンバー5NNTT1と。成立、TU。やったあ、フランスと交信できた。
f:id:kagobon:20200126174253j:plain
その後2局交信。外を見るとすっかり暗くなってたので17:30閉店。ちなみに今日も3D-2Vのため20ワット。8局聞いて5局呼んで成立3Qの実績。QRPのときはQSO成立率40%だったのでQROの効果が確実に現れていると言える。

QSOポイントは3Q x 3 =9Pts、マルチが00、29、36で3つ
よって、スコアは9 x 3 =27

DXCC Wkd 44、WAZ Wkd 22になった。

14:17Z SO 20mでログ提出

世界43番目、JA 2番目だった。
f:id:kagobon:20200126222233j:plain
フレンチっぽいおされな受付画面。

次回予定

来週のBC QSO Partyか再来週のDutch PACCかその次のARRL-DX

2019 JIDX CW結果発表

昨晩発表されたらしい。21LでJA 4位(11)、1エリア2位(6)だった。

f:id:kagobon:20200122193157j:plain

申告スコアでは1エリア暫定1位だったが予想通り減点でランクダウン*1。1位と僅差なので惜しかった。今年は50W出してリベンジを狙いたいところだけど、1エリアを離れるかもしれないので参加の可否が不透明*2

*1:ナンバー確信持てないのが1Qあった。状況証拠でもミスコピーorタイプミスの可能性が高く、減点されるとは思っていた。

*2:転居地で運用場所を探してる時間があるかどうか。そもそも無線をする余裕があるのかも分からない。

2020 Hungarian DX Contestに参加

当局が出られる最もローバンドである20mでヨーロッパが入り始める時間帯を狙って出勤。日本時間14:10いつもの場所に到着。アンテナは設営に時間がかかるエンドフェッズを引っ込め、寝かせておいた短縮V-DPを発掘。CWバンドに調整するのに3回程上げ下ろした。BNCP-MJという変態ケーブルのリグ側、L型のソルダーレスBNCPがどうも接触不良ぽい。
f:id:kagobon:20200119145246j:plain:w360
プリセット位置から4.5cm長くして、なんとか14.075MHzにディップ。この辺にしといてやるわ。

仮にSWRが落ちなかった場合のために、手持ちのリグで唯一ATU内蔵のKX3を持ってきた。
f:id:kagobon:20200119151534j:plain
けれども、超絶久しぶりに電源入れたせいで使い方を忘れてしまってた。AFを調節できない、フィルタどうやって掛けるんだっけ?あー無理。FT-891Mに交換。ついでに同軸ケーブルもMP-MPに交換。

15:30運用開始。世界x世界のコンテストだが、例によって主催国のハンガリーしか呼ばない自己ルール適用。1局目はなんとか出来たが2局目にCQ連発されてふんぎりがついた。
f:id:kagobon:20200119162017j:plain
同軸ケーブルが3D-2Vしかなくアースも取ってなくて怖いんで、とりあえず20Wに設定。

先程と同じ局を呼ぶ。一発でコールバックがあった。

日没の17時までに9局聞いて成立7Q。出来なかった内訳はドパイルを抜けなかった1局、何回呼んでもCQ連発1局。QROしたことにより、明らかに応答率が上がった。パイルを抜けないのはしょうがないが、CQ連発されることが激減したのはQROの効果だろう。

CTESTWINの得点計算がおかしい。
f:id:kagobon:20200119204009j:plain
HAは10点の筈なのに、6点で計算している。設定ファイルが古いのだと思うが、直し方が判らない。カブリロファイル作る画面でスコア修正した。*1

HAしかQSOしてないので7 x 10 = 70
マルチはBO、BP、CS、HB、NGで5
よって、スコアは 70 x 5 = 350

21:14 SO 20m CW (LP)でログ提出。416番目位だった。

f:id:kagobon:20200119164406j:plain

心配だった1月をクリアー*2。これで来週のREFがボウズでも問題ないな。Fなんて今まで聞いたこともないし出来る気が1ミリもしません。(゚ー゚;

*1:翌日公式HPにも手修正して提出せよ、と書いてあるのを確認。

*2:今年の目標「毎月DXコンテストに参加」でボウズの可能性が高い月。1番目は8月、2番目は9月、3番目は1月

緑色の門票を注文

数ヶ月後に1エリアを離れるかもしれないので、その前に記念品をオーダー。
f:id:kagobon:20200115223604j:plain
定額小為替は500円を3枚用意したが、1000円と500円にしとけば手数料節約できたと気付いたが後の祭り。

令和2回目の変更申請・其ノ参

やっと局免許を受領。
f:id:kagobon:20200113164846j:plain

今回の経緯

2019.11.9 附属装置諸元に第6送信機を追加ついでにFT8の諸元変更とFT4追加の届出
2019.11.21 Feld HELLの電波型式に誤りがあるとの補正依頼受け、補正して同日付けで申請
2019.12.23 審査終了に気付く
2020.1.5 返信用封筒を送る
2020.1.13 新免許状配達
延べ65日かかった。早く包括免許にしてくれ。

次は再免許申請だろうか。