日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

南米と交信したい。

今週末にCQMM DX Contestというのがあるので参加することにした。

開催時間は、UTCで土曜0900〜日曜2400、JSTに直すと土曜1800〜月曜0900。主催はPYの電信愛好家のクラブであるCWJFで、元々はブラジル国内コンテストだったのが、南米→世界と拡大していった模様。ナンバーは大陸コード(NA/SA/EU/AS/OC/AF)。クラブメンバーはM、QRPはQ、YLはY、MO局はCが加わる。当局の場合は「599ASQ」を送ることになる。

VOACAPで伝搬予測。RX側をブエノスアイレスに設定*1
21Mはロングパスが最も可能性が高い結果となった。
f:id:kagobon:20190418210521j:plain
しかしながら、UTCの11時だとJSTの20時になってしまい、当局の活動可能時間帯を軽く外れている。矢張りショートパス(JSTで7〜8時)を狙うしかないか。10時を回るとMUF*2が30%以下に落ちてしまうため、勝負できるとしても11時頃までだろう。

2018年のリザルトを見ると、JapanでSO SBのQRPでログ出してる局皆無。昨年よりコンディションの悪い今年はどうなることやら。ダメだったら14Mにチェンジすればいっか。

*1:ショートパスのブラジルは北米大陸を越えていかねばならずQRPにとって難易度が高すぎる。

*2:Maximum Usable Frequency:最高使用可能周波数

JIDX所感

DXコンテスト過去最多の交信数(25局)となった。

コンディション

午前中は弱いながらもLUが聞こえ、午後はUAやURが入感していた。21MHz帯であることを考えるとボトムシーズンにしては良かったのではないだろうか。いま太陽には地球程もある特大クラスの黒点があって、ここ1週間程SSN13〜14の日が続いてる。
f:id:kagobon:20190415190911j:plain
サイクル24の最後のあがきなのか、既にサイクル25が始まってるのか、春シーズンの通常運転なのか知る由もないが。

デコーダ

KH0は速かった。それでも5〜6回でコピーできたので30語位かと思う。平均値は25語位*1。しかしながら、呼ばれる側だとこの速度でのオペレーションは自信がない。練習してないし。

また、CQが入るべきところに「GC」としか聞こえない符合を打ってるUAとUN局を確認。意味が判らないので呼ばなかったが、後で調べるとユーリ・ガガーリン・インターナショナルDXコンテスト参加局だった。まだ知らないコンテストがぎょうさんありますのう。

ハイライト

・ニューEntityが5つ増え、今年の目標2つ目を達成
・台湾祭りとカザフスタン祭り

ローライト

UAにナンバー送ってる最中USBIF4CWかCTESTWINがフリーズしてQSO不成立
・20分後、同じ局を呼んだらコールサイン送ってる最中USBIF4CWかCTESTWINがまたフリーズ
・10分後、同じ局を呼んだがコンディション落ちてしまって無理だった
・雨の所為でCL

DXCC

若者時代のWkd18を超えてWkd19になった。1987〜90年のサイクル22盛期に4エレ八木+10WのSSBで18しか出来なかったのに、サイクル24のボトムシーズンに地を這うような単一アンテナ+Max5WのCWで割と軽く超えてしまった。DXバンドの恩恵もあるが、さすがCWと言わざるを得ない。
f:id:kagobon:20190415194017j:plain
昔はDXペディションも呼んだりしてたので、今となっては意外な珍カントリーがあったりして趣深い。

次回の参加予定

直近はALL JA、山移動で電信50Mの予定。昨年は標高530mで70Qだった。昨年より高い所に行くので目標100Q
DXコンテストはCQ-M Int. DX、CWで21Mシングルかな。ロシアが相手なのでヨーロッパ圏を重視したい。

*1:JA向けにゆっくり目に打ってくれる局が多いらしい。

2019 Japan Int. DX Contest CWに参加

いつもの場所に21Mのアンテナを設営。8:45から運用開始。うわっ、静かすぎる。耳を澄まして慎重にVFOダイヤルを回すと強力な信号が入感。ニュージーランド、アジア圏ロシアと続けて交信。弱々しい符合が聞こえてきた。トツートト、トトツー、トトトトツーっていきなり南米かよっ。フルコールを確認しようとしたがすぐフェードアウト。はい次、これは速い、KHゼロ、ストローク、ケーあかん解らん。6回位聞いてようやく確認。間髪入れず呼ぶ。QSBの谷間に入って尻切れ気味だったがOKにしとこう。YBを挟み、パラオがガツンと来た。あ、一発で拾ってもらえた。昨年のWWDXで何回呼んでもダメだったT8が軽く出来た。うれしい。11:44(JST)それは突然来た。1時間程前は弱すぎて呼ぶ気しなかったBVがプラス振ってる。2.5Wでいけるんちゃう?あ、いけた。次々聞こえるBVと次々交信。楽しい。

正午を過ぎて2.5Wでは交信成立しなくなってきた。更に20分程居眠りしたり、気分転換にJARL NEWSを読んだりして1時間以上空いた。矢張りフルパワー(5W)にするか。だがフルパワーにしてもモンゴルは無理だった。7〜8回呼んでるうちにパイルがひどくなってきて断念。更にヨーロピアンロシアにナンバーを送ってる最中にUSBIF4CWがキーダウン状態でフリーズ。なんだよもー肝心なときに。あと1カントリーで若者時代の記録タイなのに。だが、この後まさかのキルギスタンと交信しちゃった。そして、3連続カザフスタン祭りきたー。

ゾーン23をゲットしたときフロントウインドウに水滴が落ちた。iPhoneでお天気レーダーを見たら、雨雲がすぐそこまで来てたのでCL。撤収中に小雨が降ってきたが本降りになる前に完了。あぶなかった。

若者時代のWkd18と並んだときの記念スクショ
f:id:kagobon:20190414202952j:plain
今年まだDXしかQSOしてない気がする。(゚ー゚;

生スコアは、25Q × (12Entity + 10 Zone) = 550Pts

QSOしていただいた皆様に感謝します。

22:02 ログ提出

177番目だった。

ジャールニュース2019年春号のP30

を読んでいると「CQ M Imternational DX コンテスト(原文ママ)」というのがあった。

5月11〜12日に開催されるロシア最大のDXコンテストです。

そんなのあったのか。知らなかった。
ABOUT — CQ-M International DX Contest

規約を確認。
日本時間 11日21:00から24時間
ロシア×世界 又は 世界x世界
ナンバーは001形式
ポイントはJA局の場合
 ロシア 2点
 自国 1点
 同じ大陸の別の国 2点
 他の大陸 2点
 MM局 3点
マルチはP-150Cアワードでカウントされたカントリー

このP-150Cアワードがよく解らない。DXCCのEntityぽいが384コもある。ロシアの州を加えた的な?

2018年のリザルトを見ると、SINGLE-OP 15M CWはJAでログ出してる局がいない。穴場じゃね?