日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2021 IOTA Contestに参加

今回も別宅。

1日目

日本時間午前9時シャック入り。2時間粘ったが何も聞こえない。午後1時、午後3時、午後6時、午後8時何も聞こえない。それも其の筈、1200 UTC開始を知ったのが翌日。始まっていないコンテストのために一日を棒に振った。

2日目

午前7時シャック入り。なんと、15mでWが聞こえる。が、何回呼んでもCQ連発で定評のある*1カリフォルニアの某局だった。手始めにCQ連発していたUAのポータブル0をコール。ところがQSBの谷間に嵌まってNRが取れない。都合2回送ってもらったが、フロアノイズすれすれでシリアルの1文字目から何を打っているか全く解らない。シリアル形式のコンテストは通常2、3局ワッチして次のナンバーを予測して呼ぶのだけど、強かったのとコピーできると思っていきなり呼んだのが拙かった。デコード能力衰えてるうえに弱すぎて無理。矢張り最初はワッチして受信練習するべきだった。そして1時間程受信練習した。

改めて手始めにUA0を呼んだ。一発でリターン。3局前からワッチして完璧だと思ったのに1局後が1コずれてたのでログを修正。まったくIOTAコンテストは苦手過ぎる。ナンバー8桁とかデコードバッファとアウトプットバッファを共用している脳には無理ね。だが苦手だからと言って敬遠していたら益々衰える。ナンバーはAS025、RSGBのHPで調べるとKuril'skiye (Kuril) Islands South、これって千島列島南部*2じゃないの?アマチュア無線に政治問題は持ち込みたくないので深く考えない。2局目はBY1のB2ポータブル。移動地のPrefixが先に来るコールサインだった。BYにポータブルの概念があったとは初耳。もしかしたら特別に許可されたコールサインかもしれないな。他にはVKとYBが弱々しく聞こえていたときもあった。

あまりにも聞こえないのでシャックの模様替えを実施。
f:id:kagobon:20210725141805j:plain
FT-891MとTS-590SGの場所を入れ替えた。

15時半頃、黄昏時を狙って着席。聞きなれないPrefix、IOTAナンバーでGuamと判った。xH2以外のPrefixがあるのか。しかし、何回聞いてもRSTが599じゃないし、シリアルも何を打っているか解らない。5NNで脳内デコードスイッチ入るのでリアルRSTだと調子狂うということか。完全にモチベーションを削がれて1559CL。結局午前中の2Qでおしまい。DXコンテストの最低速度にすらついていけない位までデコード能力衰えているのを実感した。

記録

15mでAsia 100Q目

14:28z SO Unassisted CW QRP 12hでログ提出

8638番目だった。

KX3 ファームウェアアプデ

大変だ、EDCが廃業してしまった。
www.hamlife.jp
思えば、カムバックした2016年のハムフェアでKX3の存在を知ってほぼ衝動買いだった。キットを選んだのだが、先人達が2〜3時間掛かるところ倍の時間を掛けて組み立てた。電池ケースがどうしても収まらず、校正ついでに取り付けてもらったり、ATUが作動しないとか、送信出力が既定値に達しないとかトラブル続きで、その度にEDCに送って診断してもらった。PC送信に移行してからは、ほとんど使わないまま放置状態にある。

EDC廃業のニュースを見て思いだし、2年半ぶり位に電源ON。ファームウェアのVer.がMCU 2.38、DSP 1.37とかなり古くなっていたため、アップデートを実行。今回初めてWindows機で作業。全てKX3 Utility上でできる簡単さ。Y社も見習って欲しい。
f:id:kagobon:20210725132811j:plain

週末のIOTA Contestで使おうとしたのだけれども、CTESTWINに認識させるためにCOMポートを有効にする方法がどうしても解らず諦めた。次使うのはいつになるやら。

Direct 1枚目

香港のブルース・リー記念局へ請求したQSLカードが届いた。*1
f:id:kagobon:20210723084333j:plain
記念切手の額面が送金額より高くて一瞬怯んだけれど、切手のほうは香港ドルなんだろう。他にも既視感のあるカードが入っていた。ZQZ局は未交信だが、EH局は何回かQSOしている。設備共用なのかな。

外国のアマチュア局へダイレクト請求したのは若者時代含めてこれが初。異国情緒が感じられて好い。

送っていただいてありがとうございました。

*1:実は10日以上経っているのに届かないので家人に聞いてみたら、先週届いたが宛名がFull英語で意味が解らず、勝手に開けて中身を見たけど解らなかったので気味悪くなって古紙入れに捨てていた。のを回収。ゴミ箱でなくてよかった、あぶなかった。

OQRS 5枚目・6枚目

ClublogのOQRSで請求したQSLカードが届いた。2019年のWWDXにおいて、15m CWでQSOしたサモアブルネイ。5Wは現地のボンネットバスだろうか。V8は異国情緒漂う建築物のカラー写真。
f:id:kagobon:20210717155525j:plain
ただ、どちらの封筒にも84円切手が貼ってあった。国内発送だと判っていたらもっと早く請求したのに。

送っていただいた皆様ありがとうございました。

2021 IARU HF World Championshipに参加

今回も別宅。

初日

PCの電源入れたらOSのアップデートが始まった。無線するときしか使わないPCなのでこういう事件が多々ある。
f:id:kagobon:20210711205349j:plain
1時間半経ってもまだやってたし、15m何も聞こえなかったので諦めた。

2日目

午前7時前にシャック入り。今日の自己ルールはHQ局しか呼ばない、15m QRPしばり。シングルバンド部門が無いコンテストなのに敢えて15mシングルで参加する理由は、20mは気難しいのであまり出たくない、10mは緩急激し過ぎてギャンブル性が強い、40mはANT低過ぎて国内しか飛ばんという消去法。昨年はLPで出たけどあんまり出来なかった。だったらQRPでも変わらんだろという愚考。
f:id:kagobon:20210711205744j:plain
先ず、リアル599のAsiatic Russiaとナンバー交換。このコンテストだと各国のアマチュア無線団体がオートコレクトするんだ。他にはWが数局蚊のなくような弱さで聞こえていた。ARRL-DXやWWDXだとガツンと強いWも夏は弱い。9時前にアポ無し来客があり離席。1時間程で戻ってきたらコンディションしぼんでた。午後はYBのみ。相手に合わせて16語で送信。あとDUも長時間聞こえていたが、何回呼んでもCQ連発で辟易。午後8時まで自宅に戻りたかったので日本時間15:45 CL。獲得マルチはSRR、CRAC、JARL、ORARI

このANTで一年間やってみたが聞こえるところが限られている。ちゃんとしたANTあげないとコンディション上がっても楽しめないだろう。

次は、IOTAは出られないのが確定している*1のでOCDX CWか?*2

記録

UA0 50Q目
BY 30Q目

12:47Zログ提出

1037番目位だった。

*1:カレンダー読み違えていました。IOTA出ます。

*2:経験上8〜9月のコンディションでの別宅運用では99.9%坊主だから次は10月という愚考。