日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

CW練習・1年8ヶ月(+1日)

前回からのトピックス

実効12語継続中。サボり癖直ってない。心折れる→復活。

受信

符号グループの数字、文字は共に満点。

混合3分
f:id:kagobon:20180321101156j:plain
相変わらず1 J、6 Bが鬼門。逆のJ 1は皆無、B 6も滅多に無い。他に数字を文字に間違えるパターンは5 Hと3 4 V。これらは一年以上前から混同しっ放しであり、混合練習を幾らやってもまったく改善が見られない。つまり、状況的には間違えるものと認識せざるを得ない。本番で自信が無ければ聞き直せばよいだけ。

コールサイン聞き取り
f:id:kagobon:20180321102119j:plain
6ヶ月ぶりにハイスコア更新。途中で全く解らなくなることが無くなったのと、スラッシュの前にプリフィックスが入る長いコールサインもなんとか対応できるようになったのがポイントに繋がったと分析。このアヴェレージなら国内コンテストであれば、迷惑にならない程度で運用できるのではないかな。けれども、ラバースタンプは無理。受信中の符合の意味をある程度類推できないとラバースタンプは難しい。それには遅れ受信能力が不可欠。遅れ受信は1〜2文字なら出来ることもあるが、常時絶対できる自信は1文字ですら未だ無い。逆に考えると、ラバースタンプに挑戦しない限り遅れ受信は身に付かない、と思う。

送信

新たに調達したエレキーは、コンテストで使うにはメモリーの再生仕様が不向きなのと、送信も若干タイムラグがあって気になる。筐体サイズも大きい。これは別宅専用にして、移動用にはまた別の機種を考えてる。