日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

WWDX CW 2019結果発表

UTC 5/1に発表。

SA ALL QRPでJA 3位(3)だった。
f:id:kagobon:20200502084358j:plain
Raw Scoreから順位変動なし。ただし、スコアは減点。マルチは56で申告通りなので、スコアを割り返すと3ポイント減点と判る。アジア以外で複数QSOしているカントリーの1局をミスコピーしていると推測。この条件に当てはまるのは9M6、VK、UA、W、KH6、PY、ZL、HA、YTとなる。LCRが配信されたらリクエストするか。

f:id:kagobon:20200502085503j:plain

これで2019年に参加したコンテストで結果発表待ちはOceania DXのみ。今確認したらカミング・スーンが出ていた。あと、2020年のOCDXは開始時刻が2時間早い土曜06:00z(土曜15:00J)からになるとも。OCDX終わった後にACAGに参加できる時間が増えたということですね。

2020年もCWでがんばります。

2020.5.7追記

Log Check Reportが届いた。
減点3の内訳は、UA9でNILが1QありペナルティでQSOポイントの2倍が減じられたとのこと。1Q減る1Ptとペナルティの2Ptsで合計3Pts減点ということらしい。腑に落ちない。
LCRから転記↓

Not In Log - These contacts were not found in the other station's
log. QSO removed with additional penalty of 2x QSO points.

相手局はQRZ.comでは存在する。当日のQSOメモをみると特に迷ってはいない。二日目の15mラストQSOで、次局は20mになっている。バンドチェンジはJST13時台の筈だから15mのコンディションが落ち込んでいたとは思えない。謎だ。

それよりも衝撃だったのは、あなたのコールサインを誤ってコピーしてる局リスト
f:id:kagobon:20200507193614j:plain
これはひどい。当局はGとM、YとCの区別がついていないのだと思い知った。相手のミスタイプではない。コールバックの誤りを正せない当局のデコード能力が低いのだ。2QやったPYが2局ともミスコピーされている。矢張り南米は遠い。受信練習再開するしかないな。