日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

雪と氷に覆われた絶海の孤島で無線をする人達

地球上で最も孤立した島は南大西洋にあるノルウェー領のブーベ島である。最も近い陸地は南極大陸で1600km、定住民がいる場所ではイギリス領トリスタンダクーニャ島の2260km、都市では南アフリカケープタウン2520kmとなる。亜南極帯に位置するため気候は一年を通じて平均気温氷点下。火山性の島で平地がほとんどなく、氷河と雪に覆われている。絶海の孤島なうえに厳しすぎる気候の世界一過酷な場所に17年ぶりにヒトがやってくる。目的はアマチュア無線の運用。DXペディション。20名のスーパーオペレーターが上陸して世界へ向けて短波で信号を発信し始める。

あの島に人間が上陸すること自体世界的ニュースなのに、目的が「遊び」に行くのだから信じ難い。まさしくキング・オブ・ホビー。必要経費は総額61万ドル(6700万円)。半分をペディション参加メンバーが負担、もう半分を寄付でまかなう。日本からも500万円程集まったそうだ。太っ腹な人は10万円以上払ってる。ちなみにお金払っても必ず交信できる保証ゼロ。

世界標準時19日12:40、チリ海軍の許可が下りて、プンタ・アレーナス港から出航。フォークランド諸島の南側、サウスジョージア島の北側を通り抜け、順調に航行中。このまま何事もなければ明日頃に島の近海に錨を下し、ヘリコプターで上陸。メンバーには日本人オペレーターも居る。聞いたこともないようなドパイルまでもうすぐ。
f:id:kagobon:20180130064041j:plain

https://www.bouvetdx.org/japan-website-page/

2018.1.31追記

0600Z(1500J)投錨

2018.2.4追記

2018.2.3 2000Z、中止発表。
f:id:kagobon:20180204090832j:plain
f:id:kagobon:20180204090209j:plain
チームメンバーはさぞかし無念であろう。世界中のDX'erの落胆のため息が聞こえた(幻聴)。しかし、アマチュア無線は遊びなので命を懸けることはない。リーダーの決断を讃え、クルー全員の今までのご苦労を労いたい。