日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して海外交信するまでを綴っていきます。

アマチュア無線が登場するアニメ

仕事が忙し過ぎて視聴できなかった「AKIBA'S TRIP」の第四話「無線HAMファイターズ」を今さらながら補完。
f:id:kagobon:20171015100049j:plain

あらすじ

秋葉原に流れる怪電波を操る悪者を退治するべく、ブラジルに滞在しているその筋の権威に助言を請うために電信でDX交信を試みる。
f:id:kagobon:20171015102340j:plain
電離層反射通信の仕組みも軽く解説していた。

登場HAMその1

四アマから10年で一アマを取得。秋葉原のビルの屋上にタワーを建て、HFからSHFまでQRV可能な青年HAM。愛機はFTDX5000D、TS-830S、FT-101、FL-2100Z、TM-942等。パドルはBencher BY-1。コールサインJA1QRL
f:id:kagobon:20171015100847j:plainf:id:kagobon:20171015100200j:plainf:id:kagobon:20171015100144j:plain
彼曰くアマチュア無線とは「日によって飛び方の違う電波を捕まえ、己の技術力と創意工夫でその確度を上げていく。アマチュア無線は現代人が忘れた探求心、冒険心を蘇らせてくれるのだ。さらに世界中の人達といつでも電波を飛ばしてふれあうことができる。ただの通信がお宝探しのような楽しさを生み出すのだ。」

登場HAMその2

かつて筑波研究学園都市で怪電波の研究をしていた柳生田*1博士。現在ブラジルで金を採掘中。連絡手段はアマチュア無線のみ。愛機COLLINS KWM-2、312B-5(外部VFO)。ストレートキーはKENTっぽい。
f:id:kagobon:20171015104606j:plainf:id:kagobon:20171015100340j:plain

登場リグ

ICOM V/UHFハンディ機*2
f:id:kagobon:20171015102928j:plain
無免許の少女に持たせて交信していたので特小かとも思ったが、周波数がアマチュアバンド。まぁ架空の話だし・・・

TRIO TS-830S
f:id:kagobon:20171015102942j:plain

YAESU FT-101E
f:id:kagobon:20171015102953j:plain
劇中ではFT-101Zと言っている。

YAESU FT2D
f:id:kagobon:20171015103004j:plain
「これならデジタル式で画像が送れ、VoIPで接続することも」

YAESU FTDX 5000D
f:id:kagobon:20171015103018j:plain

COLLINS KWM-2
f:id:kagobon:20171015100239j:plain

登場店舗

富士無線秋葉原
f:id:kagobon:20171015100439j:plainf:id:kagobon:20171015100830j:plain

おかしな点

VHFのアンテナを整備したと言っているがVHFっぽいアンテナは上がっていない。
f:id:kagobon:20171015100124j:plain
上からHFローバンドRDP、HFハイバンドビーム、バンド不明ループ

SWRアナライザーで受信している。
f:id:kagobon:20171015100639j:plain

6エリアゲットと言っているがローテーターの指針は真北を向いている。
f:id:kagobon:20171015100732j:plain

ブラジルからのQSLカードなのに日本のコールサイン
f:id:kagobon:20171015100818j:plain

モールス符号

博士との交信を試みる辺りの高速呼び出しはQRMが大きくコピーできなかった。疲れてきて送信速度が遅くなったシーンでは「DE JA1QRL」と聞き取れる。博士は電文の最後に「73 VA」と送ってきており、青年HAMが「TNX」を返して終了。

感想

かなりリアルに描いてあるがこまかいところはおかしい。現地取材はしたが理解しきれてないのが現れている。しかしながら、ここまで本格的にアマチュア無線を描いたアニメ作品は恐らく初めてではないか。1エピソードに限らず外伝OVAで4話程作っていただきたい。

*1:八木宇田を捩ったと思われる。

*2:IC-S70みたいだがよく判らない。