日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2018 CQ World Wide DX Contest CW 初日

日本時間13時過ぎから運用開始。場所はコンテスト終了までひみつ。*1

本日のシャック
f:id:kagobon:20181124131234j:plain
長年の夢だったリアルタイムロギング達成。しかし、初めてで心配なのでバックアップ用に紙ログも持ってきた。(゚ー゚;

すごい、VKがS9+で聞こえる。呼んだら一発で拾ってもらえた。自分が知っている賑やかな15mバンドに久しぶりに出会い、うきうきしすぎて20mのアンテナ張るの忘れた。14時半辺りまでは割と強い局ばかりだったが、陽が傾くにつれ徐々に電波が薄くなってきた。15時半すぎにS9で聞こえていたのはグアム島のコンテストステーション2局とCQ出してるJAが1局のみ。他にもVKやDUがS1〜3で聞こえていたが、何回呼んでもCQ連発される。14時台にUA4が聞こえたのが本日の最遠Hrd。ナンバー16送ってたから聞き間違いじゃない。シグナルが強くなったのを見計らって2回程呼んだがかすりもしなかった。あと9M8、BY、DUにも届かなかった。矢張りガツンと入っていないとQRPにDPでは無理っすね。16時一旦撤収。

マルチ獲得状況中間結果
f:id:kagobon:20181124173900j:plain

WWの得点計算は、自局と異なる大陸の交信が3点、同じ大陸は1点。マルチはエンティティとCQゾーンの和。得点にマルチを乗じて算出したスコアで競われる。自局と同じエンティティは得点にはならないがマルチには有効なのでCQ出していたJA局とナンバー交換させていただいた。リアルタイムで全自動スコア計算してくれるとか一気にハイテクになった。

スコア中間結果
f:id:kagobon:20181124175353j:plain

*1:二日目も行くので。