日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2021 CQ-WW-DX CW 二日目

6:50シャック入り。わんさか聞こえるWを片っ端から呼んでいく。Wは受信能力が高い。ほとんど1回でコールバックがあって気分爽快。Wだけで昨日の2倍の交信数に達した。北米のパスが終わるとオセアニアが聞こえてきた。昨日出来なかったKH2や9M6やZLが面白いように出来た。アジアはいつも出来るBVやVRがぜんぜん聞こえず、強いのはBYばかり。けれども、何回呼んでも取ってもらえない。なんなのBY?

午後になって満を持してUA0が入感。辛うじてZone 19、18を1Qずつログイン。時間が経つにつれてパスが西側へ移っていく。1時にはJT、2時にはUN、3時にはUAが聞こえてきた。だが、うちは昔から何故か西側にはぜんぜん飛ばない。アンテナ変えても同じだった。フルパワー(50W)出せばUNやUAは出来たかもしれないが、5Wしかも無指向性の垂直偏波なうえに短縮コイルまで入ってるからなぁ。8の字指向の水平偏波のロータリーダイポールとは比べ物にならない。QRPで運用すると受信感度が上がったぶんストレスが溜まる。午後3時半、終了予定時刻まで1時間半を残してやめた。余った時間で洗車して別宅コールでFT8を運用した。FT8もCW以上にヨーロッパがぎょうさん出ていたが、どうせ呼んでも取ってもらえないので東南アジアの局ばかりと交信してた。

今日フルコール確認した43局中交信成立は21局。出来なかったカントリーはCE、LU、KH0、HS、BY、JT、UN、UA

申告スコア
f:id:kagobon:20211128233107j:plain
今年のARRL-DXの1800点は超えた。

弱電波を拾っていただいた方に感謝します。ありがとうございました。

ハイライト

KL7とQSOしてWKD49
VK1オーストラリア首都特別区(Australia Capital Territory)とQSOしてVK本土エリアぜんぶWKD*1
15m QRPでWといっぱいQSO

ローライト

初日のコンディションがいまいちだった。
二日目のヨーロッパがまったく出来なかった。
CTESTWINのフリーズで3Q落とした。

次回予定

ARRL 10m

2021-12-01 14:05:51 UTC ログ提出

SO 15m QRP

アローラインAL-21Fの評価

木造家屋の2階の屋根の縁から1m位付き出して設置。地上高10m位。
f:id:kagobon:20211127115330j:plain
短縮コイル入りバーティカルアンテナとしては思ったより飛ぶ。そこそこ高さがあって、北米方面のロケーションが良いおかげかもしれないが。けれども、Vダイポールと比べると劣る。ポン付けでバンド外20.980MHz付近にディップ。21.050MHzでSWR1.5を超える。尤も当局はCWとDigitalしか出ないので無加工で問題なし*2。あと、気になるのは、あられが降ったときフロアノイズがS9+20dBだった。雪だとどうなるのだろう。

*1:実はコンテスト用バニティコールでLoTWのQSL DetailではQueenslandになってた。つまりVK4だった。ざんねん

*2:加工しようにも屋根に上れる来春まで待たなければ。