日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2021 IARU HF World Championshipに参加

今回も別宅。

初日

PCの電源入れたらOSのアップデートが始まった。無線するときしか使わないPCなのでこういう事件が多々ある。
f:id:kagobon:20210711205349j:plain
1時間半経ってもまだやってたし、15m何も聞こえなかったので諦めた。

2日目

午前7時前にシャック入り。今日の自己ルールはHQ局しか呼ばない、15m QRPしばり。シングルバンド部門が無いコンテストなのに敢えて15mシングルで参加する理由は、20mは気難しいのであまり出たくない、10mは緩急激し過ぎてギャンブル性が強い、40mはANT低過ぎて国内しか飛ばんという消去法。昨年はLPで出たけどあんまり出来なかった。だったらQRPでも変わらんだろという愚考。
f:id:kagobon:20210711205744j:plain
先ず、リアル599のAsiatic Russiaとナンバー交換。このコンテストだと各国のアマチュア無線団体がオートコレクトするんだ。他にはWが数局蚊のなくような弱さで聞こえていた。ARRL-DXやWWDXだとガツンと強いWも夏は弱い。9時前にアポ無し来客があり離席。1時間程で戻ってきたらコンディションしぼんでた。午後はYBのみ。相手に合わせて16語で送信。あとDUも長時間聞こえていたが、何回呼んでもCQ連発で辟易。午後8時まで自宅に戻りたかったので日本時間15:45 CL。獲得マルチはSRR、CRAC、JARL、ORARI

このANTで一年間やってみたが聞こえるところが限られている。ちゃんとしたANTあげないとコンディション上がっても楽しめないだろう。

次は、IOTAは出られないのが確定している*1のでOCDX CWか?*2

記録

UA0 50Q目
BY 30Q目

12:47Zログ提出

1037番目位だった。

*1:カレンダー読み違えていました。IOTA出ます。

*2:経験上8〜9月のコンディションでの別宅運用では99.9%坊主だから次は10月という愚考。