日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2021 ARRL 10m Contestに参加

2年ぶり3回目。別宅からの運用。ANTはエンドフェッズ

初日

なんも聞こえず早々に切り上げて除雪機のメンテなどに従事。SSBはDUが一瞬聞こえたとローカルがつぶやいていた。

2日目(今日)

朝からシャック入り。最初はIBP Beacon(28.200MHz)を聞いていたがノイズしか聞こえない。1エリアだとコンディションが悪くてもALL JA1 10m Contestになったりするのだけれども、局数が少ない9エリアでは絶対ない。いちおう11時頃に28.005MHzでCQを出してみた。その直後、有意性のある信号が聞こえてきた。CQ TESTは解るが弱すぎてコールサインが判らない。20分程待つと強くなってきた。FK8と聞こえる。ニューカレドニアは欲しい。相手に合わせて28WPMでコール、呼び負けたか?2コール目が届いた。やったあATNO。その後、オーストラリア2局とQSOして午前の部終了。午後は13時台と14時台にフィリピンが聞こえていたが、呼んでも届かなかった。まぁ5ワットだし(゚ー゚;
15:00CL

スコア

f:id:kagobon:20211212152803j:plain
前回2019年の成績は辛うじて上回った。

ハイライト

FKとQSOしてWKD50
カムバック以来DX500Q達成

ローライト

SSN 11日0、12日14

これで今年のコンテスト参加は終了。12大会に足跡を残せたのでまあまあだった。
交信していただいた皆様ありがとうございました。

2021-12-13 10:05:25 UTC SO CW QRPでログ提出

1649番目ぐらいだった。