日下部ラヂヲ商會

カムバックHAMです。昔諦めた電信を習得して六大陸と交信するまでを綴っていきます。

2019 CQ World Wide DX Contest CW 初日

万難を排して出るDXコンテストWWDXの季節がやってきた。が、起きたら8時を過ぎていた。(゚ー゚;

カーテンを開けると雨がザーザー降っている。 家事をひととおり片づけてるうちにコンテストが始まったのでRBNチェック
f:id:kagobon:20191123091256j:plain:w360
JA各エリアを代表するDXコンテスターがずらり。9月にアイボールしたOさんも見えてる(OHになってるが)。この時間だと15mでも南米聞こえるんだ。10dbじゃうちのANTでは蚊のなく様な弱さだろうけど。

日本時間10:45常置場所に到着。カッパフル装備で粛々とANT設営。一日中雨が降る予報。20mのエンドフェッズは張らず、15mのV-DPだけ上げた。

UTC2:20ワッチ開始。あれ?Sメーター振らない。リグのセッティングおかしいのかと思って試行錯誤すること約十分。試しに20mへ下りてみたらSメーター振った。つまり、15mにはSも振らない弱さの局しかいないということか。*1まぁCWだ、なんとかなるさ。東マレーシアのコンテストステーションを呼んだらコールバックがあった。リグの設定ミスじゃなくて良かった。

BY、HS、UA0、VRなど近隣カントリーと地道にQSOしながら、時々聞こえるYBやVKを呼ぶがUTC4時台まではどんだけ呼んでも電波が赤道を越えてくれなかった。5時すぎにVKの新顔を見つけ呼んだらあっさり成立。2分後にVK6ともQSOしてZone30、29と続けてゲット。だが、そこから急激にコンディションがしぼんできたのが体感できた。5時からの1時間半で5Q。最後はまさかのヨーロピアンロシアだったが。7:03にノーパソの内蔵バッテリーが終了。ポータブル電源に繋げばまだ続けられたが、もう30分間QSOできていない。止めどきだな。初日は18Q、22マルチ(12カントリー+10ゾーン)で中断、撤収して一時帰宅。明日は早起きしてアメリカ大陸を狙う!

今日のシャック
f:id:kagobon:20191123125958j:plain

All New

UTC3時半頃XZを確認。弱かったがCQ連発してたので呼んだらトトツーツートトが返ってきてAGN→RPTを3回位繰り返してなんとか成立。ミャンマーって結構レア*2じゃね?4時台後半にこれまでのコンテストで何回も聞いて何回呼んでも届かなかったモンゴルとQSOやったあ!6時台の1st.は本日4回目の挑戦でようやくココスキーリング島とQSO。若者時代にSSBでVK9Xクリスマス島QSOしたことがあるが、VK9Cココスキーリングは隣の島である。隣と言っても1000km離れてるが。本日3カントリー追加してDXCC Wkd30になった。QRPで。

Band New

Zone 29が15m初だった。

フルコール確認したけど出来なかった

フルコール確認したのはぜんぶで41局うち23局が不成立。カントリーはKH6、YB(4局)、5W、V8*3、ZL、UN、UR、LZ、3B8*4の9つ。あと二日あるのでがんばります。

*1:翌日、矢張りおかしいのでマニュアルを読み込み、AGCがオフになってるのに気付いてAUTOにしたら直った。

*2:XZはClublogのMost WantedのGlobal Rankingは49位。地を這うようなダイポールに5WでQSOできちゃった!

*3:強いけど何回呼んでもCQ連発。同じような場所にある9M6とは成立してるので届いてるとは思うのだが。

*4:初めてアフリカを聞いて感動。ナンバーは3N打ってた。アフリカでもインド洋側ならチャンスあるな。